[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第154回】iPhoneのイヤホン端子がなくなったらどうなる? エレコムの中の人と語ってきた

高橋 敦

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

2016年04月26日
■どうなる、iPhoneイヤホン端子

さて、前回の記事は「別件の取材でエレコムでお話を聞いてきたついでに、BluetoothにおけるAAC伝送の疑問点についても改めて確認してきた」という前置きで始めさせていただいた。というわけで、今回の記事がそのときの取材の本筋だ。

「iPhoneの次期メジャーアップデートでは、イヤホン端子が廃止される」という噂や推測は、それ以前にもあったが、昨年末あたりからは特に強く語られ続けている。

どうなる、iPhoneイヤホン端子

昔のAppleであれば一年以上先の新型Macの内容やコードネーム、例えばPowerBook 540(BlackBird)とか、がバレバレだったりもしたが、現在の同社自体はかなりガードが固い。しかし一方、現在の同社ほどの規模で製品製造等を外部委託していれば、そのどこかから情報が漏れるのは避けがたくもなっている。正式な発表があるまでは噂は噂、未確認情報は未確認情報でしかない。

しかし、事前の噂や未確認情報と後に正式に発表された製品の内容が一致する例が、無視できないほどに多くなっていることも事実だ。

そしてもしも「イヤホン端子廃止」が事実として突きつけられた場合、ポータブルオーディオへの影響は、ユーザーにとってもメーカーにとっても甚大。現時点で考えられることを考えておいても損はしないだろう。

しかし筆者一人で考えが及ぶ範囲のことになどしっかりとした裏付もないので、皆様の参考にもなり得ない。そこで白羽の矢を立てたのがエレコム。仮にiPhoneからイヤホン端子が廃止された場合、イヤホンやヘッドホンの接続方法としては「Lightning」か「Bluetooth」のどちらかが推されるだろう。

そのどちらにも強く、もちろんイヤホンそのものも展開しており、オーディオ的には無視できない「ハイレゾ」にも積極的。エレコムに取材に行けばそこらへん全部まとめてお話を聞けるだろうという目論見からだ。

エレコムの兄弟ブランドロジテックからは、Lightning端子を採用したiPhone向けのハイレゾ対応ポータブルアンプ「LHP-CHR192」などがラインナップされている

■情報はないが「なくなる可能性」は検討している

・・・で、そんなこちらの目論見に今回対応してくれたのが、エレコムの遠藤稔也氏。同社オーディオ製品の展開を主導するお一人で、また仕事柄なのか趣味なのかわからない感じでご自身もポータブルオーディオに積極的な方だ。

エレコム 遠藤稔也氏

まずこちらから最初に確認したのは「イヤホン端子はなくなると思うか?」という、今回の話題の前提条件でありながらも最大の不確定要素な部分。

遠藤氏「それを確定できる情報を持ってはいませんが、なくなる可能性を考慮した検討も始めています」

「個人的にも、イヤホン端子をなくす可能性は高いのではと考えています」

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

関連記事