<山本敦のAV進化論 第83回>

専用の機材は不要! Xperiaでお手軽「バイノーラル録音」のススメ

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2016年02月03日

当初はデジタルノイズキャンセリング機能を搭載するイヤホン「MDR-NC31EM」との組み合わせでバイノーラル録音を実現していた。しかし、最新モデルの「Xperia Z5」については、ソニーモバイルとして本機能の動作保証をしているイヤホンが、同時期に発売されたソニーモバイル製「MDR-NC750」に限られる。この点については注意を促しておきたい。

左右イヤホンのハウジングの外側にマイクが搭載されている。高音質でのハンズフリー通話も可能だ

Xperia Z5シリーズとMDR-NC750を組み合わせれば、かなりの効果のデジタルノイズキャンセリング機能を活用できる。実際に最新世代の“ウォークマンAシリーズ”などのユーザーであればご存知であろう、電車・バス、航空機などノイズ環境に合わせてノイズキャンセリング効果を最適化できる機能も付いている。ハイレゾ対応もさることながら、これほど充実したノイズキャンセリング機能が付いてくるだけでも、Xperia Zシリーズを選ぶ価値があると言える。

イヤホンプラグはNC対応のため5極仕様

今回紹介するバイノーラル録音機能では、通常はデジタルノイズキャンセリング機能やハンズフリー通話のために使う左右イヤホン外側のマイクを外部環境音の集音に活用する。これにより、バイノーラル録音の条件である人の耳の位置での音声記録を可能にしているのだ。

録音に対応するアプリは、プリインされている「音声レコーダー」と「カメラ」アプリ。この両者では動画撮影時の音声がバイノーラル方式で記録できる。ソニーモバイル製、またはサードパーティー製で他に動作検証が取れているアプリは今のところまだない。

イヤホンをつないで「音声レコーダー」アプリでバイノーラル録音を試してみる

■バイノーラル録音を実践。手順は?音質は?

それでは実際に「Xperia Z5 Premium」にMDR-NC750を接続して、「音声レコーダー」アプリで街の環境音を録音してみよう。吉祥寺駅の北口バスロータリーの真ん中あたりに立ってスマホを構えて、周囲を行き交うバスや車、さらには歩行者の足音などを録ってみた。

吉祥寺駅北口のロータリーをぐるぐる回るバスや車の音を生録してみた

「音声レコーダー」アプリには複雑な機能は搭載されていない。録音モードをステレオとモノラルの2種類から選び、音質を最高からベーシックまで4段階で決定するのみ。取材のボイスメモなども素速く録れるので、筆者もXperia Z2を使っていた頃から頻繁に活用しているアプリだ。

通常のステレオ録音との違いははっきりわかる

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事