「AQUOS Xx3」「DIGNO F」との計3モデル

ソフトバンク、「Xperia X Performance」などスマホ新モデル3機種

編集部:小野佳希
2016年05月11日
ソフトバンクは、スマートフォン2016年夏モデルとして、Android 6.0 Marshmallowを搭載した「Xperia X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」の3機種を6月上旬以降順次発売する。

Xperia X Performance

Xperia X Performance

カメラアプリケーションの起動から撮影まで約0.6秒を実現するなどした新モデル。ソフトバンク、ドコモ、KDDIと国内の大手3キャリアすべてで本モデルが展開される。

約5.0インチフルHDの液晶ディスプレイを搭載し、CPUにはクアルコムの64bitクアッドコアプロセッサーMSM8996を採用。カメラ画素数はメインカメラが約2,300万画素、サブカメラが約1,320万画素。IPX5、IPX8/IP6X相当の防水防塵性能も備えている。

カメラ機能では、動体検出エンジンの追従性能の向上で、被写体の動きを予測しフォーカスの設定を自動で行う「先読みオートフォーカス機能」も搭載。オーディオ機能ではハイレゾ再生に対応し、「ウォークマンで培われた高音質技術によって、上質な音楽を体験することができる」としている。

また、バッテリーの状態に応じて最適な充電を行う新たなアルゴリズムを採用。経年劣化を軽減し、過去の製品に比べて最大約2倍の長寿命化を実現している。

AQUOS Xx3

AQUOS Xx

約5.3インチ フルHDのハイスピードIGZO液晶を搭載。ハイスピードIGZOによって120Hzの高速液晶駆動を実現し、動きの激しい映像の視聴時や、画面のスクロール時でも、なめらかにくっきりとした描画が可能だとしている。

また、高い色の再現力を実現するという「S-PureLED」も搭載。さらに、3,000mAhバッテリーと省電力技術により、3日間を超える電池持ちを実現している。

カメラはメインカメラが約2,260万画素で、サブカメラが約500万画素。新開発のズームや光学手ブレ補正機能を備えるほか、約0.4秒の高速起動に加え、約0.02秒のハイスピードオートフォーカスにも対応している。

ユーザーの利用方法や好みを学習し、適切なタイミングでメッセージを語りかけてくれる機能「エモパー4.0」を搭載。また、生活リズムに合わせて自動で目に優しい明るさに調整する「リラックスオート」を追加している。

IPX5、IPX8/IP5X相当の防水防塵性能も装備。フルセグ/ワンセグチューナーも搭載している。

DIGNO F

DIGNO F

米国国防総省基準MIL-STD-810Gにおける規格に準拠した耐衝撃性能、IPX5/IPX7相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能を装備。ディスプレイは約5.0インチのHD(1,280×720ドット)解像度で、手がぬれている場合や手袋を着用した場合でも操作ができるタッチパネルディスプレーを搭載している。

カメラはメインカメラが約800万画素で、サブカメラが約200万画素。バッテリー容量は2,300mAh。

ホーム画面やメニュー画面が従来の携帯電話に近い感覚で使える「かんたんビギナーホーム」や文字の入力画面を従来の携帯電話のようなデザインに変更できる「ケータイ入力」も装備。スマートフォン初心者にも使いやすいよう配慮している。

関連記事