<山本敦のAV進化論 第83回>

専用の機材は不要! Xperiaでお手軽「バイノーラル録音」のススメ

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2016年02月03日
■専用の機材は不要!実は簡単だった「バイノーラル録音」

映像においてはVRへの注目が高まる一方で、音の方は通常のステレオ録音よりもさらに臨場感の高い3Dサウンドが再現できる「バイノーラル録音」の周辺が静かにざわつきはじめている。

今回はXperia Z5シリーズの最上位機種「Xperia Z5 Premium」と、ソニーモバイルのイヤホン「MDR-NC750」との組み合わせによるバイノーラル録音を試してみた

バイノーラル録音は、音楽が奏でられた瞬間の臨場感をよりリアルに再現できる録音技法として古くからあるもので、高音質録音にこだわる音楽コンテンツにはこれを採用するタイトルもよく見かける。

一般的にはダミー・ヘッドと呼ばれる、人間の頭を模した実物大のシュミレーターの、ちょうど耳の位置あたりにマイクを設置した状態で録音を行う。録音されたソースを一般的なステレオヘッドホンやイヤホンで聴けば、リアルな立体音響効果が再現されるというものだ。

バイノーラル録音の技法自体は確立されたものだが、ダミー・ヘッドを含めた録音機材一式を導入するコストがかかることもあって、手軽に録音を試すことは難しいとされていた。

ところが、最新のXperia Z5シリーズと、ソニーモバイルから発売されているノイズキャンセリング機能付のハイレゾイヤホン「MDR-NC750」を組み合わせれば、スマホでバイノーラル方式による生録とリスニングが簡単にできてしまうという。

Z5シリーズの登場に合わせて発売された、ハイレゾ対応のノイズキャンセリングイヤホン「MDR-NC750」。新規開発の9mm口径のダイナミックドライバーを1基搭載する

そこで今回は、4K動画の撮影と表示、ハイレゾ再生対応などで注目を集めるZ5シリーズのフラグシップ「Xperia Z5 Premium」で、バイノーラル録音の機能を集中的にテストしてみることにした。

■“Z3”以降のXperiaはバイノーラル録音機能を装備していた

はじめにお断りしておくと、実はXperia Zシリーズに搭載されているバイノーラル録音機能は、2014年末に発売されたXperia Z3世代以降の「Zシリーズ」のスマホとタブレットですでに採用が始まっているものだ。

バイノーラル録音を実践。手順は?音質は?

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事