HOME > レビュー > 専用Twonky Beamアプリ登場で大幅進化!エプソンのスマートグラス“MOVERIO”はこう楽しむ

【特別企画】実録!エプソン“MOVERIO”のある新しい生活

専用Twonky Beamアプリ登場で大幅進化!エプソンのスマートグラス“MOVERIO”はこう楽しむ

2015/03/30 編集部:杉浦 みな子
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

■<新機能2>BDレコーダーで受信中の番組をリアルタイム視聴

さて、新機能の2つめは、BDレコーダーで受信している放送中番組のリアルタイム視聴です。ちなみに、ほとんどの手順は前頁でご紹介した「録画番組のDLNA視聴」と同じです。

ネットワーク経由で、BDレコーダーのチューナーで受信した放送中のテレビ番組をリアルタイム視聴できます

まずアプリの左上にある「ホームネットワーク上のコンテンツを再生」を選択し、同一ネットワーク内にあるサーバー機器を表示→アクセスしたいサーバー機器を選択→サーバー機器内のコンテンツフォルダ表示→ここで、デジタル放送の受信を行っている「チューナー」的なメニューを選択しましょう。



先ほどと同じく「ホームネットワーク上のコンテンツを再生」を選び、「チューナー」的なメニューに入りましょう
すると、BDレコーダー内蔵チューナーで受信中の番組を表示するメニュー「地上デジタル」「BSデジタル」「110度デジタル」が出てきます(この辺の表示はほとんどのBDレコーダーで共通だと思います)。そこで「地上デジタル」を選択すると、以下のように、チューナーで受信できている地デジのチャンネルが一覧になって表示されます。この辺りもレコーダー製品によって表示は異なるようで、番組名まで表示されるものもあります。

チューナの選択。もちろんBS/CSも選べます


地デジチューナーで受信中のチャンネル一覧にアクセスしたところ
あとは観たいチャンネル名を選択すれば、すぐに視聴できます。こちらは、ただの「再生」を押すと該当のチャンネル再生が始まるだけですが、「ここから再生」を押すとテレビ再生画面の中でチャンネルの移動ができるようになります。

■オススメの使い方

では実際に使ってみた感想を。録画番組のDLNA視聴とほぼ同じ手順で、迷わず簡単に使えるところがまず良いです。こちらもすごく快適に楽しめました。あまりに簡単な手順で普通に観られてしまうため、特に不満が見当たらないほどです。ネットワークが安定していれば、ほとんど途切れることはないですし。

個人的なオススメの使い方としては、やっぱりまずはこれですね→仕事帰りの深夜、部屋の明かりを消して布団に入り、MOVERIOを装着して、放送中の深夜番組を寝ながら観る。先述の「布団の中で寝ながらテレビを観る」と同じ状態なんですが。

そのほかに、ご家族が多い方は、リビングのテレビが他の家族に占有されているとき、別の部屋で、MOVERIOを使って自分の観たい番組を観るなんて良いんじゃないでしょうか。例えばBS/CSで放送中の映画チャンネルなんかをMOVERIOで観れば、自室にいながら没入感の高い映画視聴が叶うわけです。シースルーなので、途中でご家族が呼びに来たりしてもちゃんと気付けますし。MOVERIOだからこその強みです(私は今のところワンルーム1人暮らしなのでこの需要はあまり無いのですが)。

放送中の映画チャンネルなんかをMOVERIOで観れば、自室にいながら没入感の高い映画視聴が叶います


次ページ<新機能3>BDレコーダーに録画した番組を、DLNA経由でMOVERIOにコピーして持ち出す

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE