HOME > レビュー > 専用Twonky Beamアプリ登場で大幅進化!エプソンのスマートグラス“MOVERIO”はこう楽しむ

【特別企画】実録!エプソン“MOVERIO”のある新しい生活

専用Twonky Beamアプリ登場で大幅進化!エプソンのスマートグラス“MOVERIO”はこう楽しむ

2015/03/30 編集部:杉浦 みな子
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

■MOVERIO新機能を試す!

■<新機能1>BDレコーダー内に録画したコンテンツをDLNA経由で視聴

1つめは、ネットワーク対応HDD機器内に保存したコンテンツのストリーミング視聴です。BDレコーダー内の録画番組などを、DLNA経由でストリーミング視聴できます。

これまで、BDレコーダー内の録画番組をMOVERIOで観るときは「ワイヤレスミラーリングアダプターを使ってBDレコーダーとMiracast接続する」、または「DLNAプレーヤーアプリをインストールしたAndroid端末を別途用意して、その端末の表示映像をMOVERIOでミラーリング再生する」のどちらかしか方法が無かったのですが、ついにMOVERIO単体で行えるようになりました。すごく便利だと思います。

ネットワーク経由で、BDレコーダー内に保存してある録画コンテンツをストリーミング視聴できます

まずは、アプリトップ画面の左上にある「ホームネットワーク上のコンテンツを再生」を選択します。すると、同一ネットワーク内にあるサーバー機器が表示されます。もちろん、BDレコーダー以外にNASなどもあれば出てきます。



同一ネットワーク上にあるサーバー機器が表示されます。もちろんBDレコーダー以外にNASなどもあれば出てきます
アクセスしたいサーバー機器のアイコンを選択すると、サーバー機器内のコンテンツフォルダが表示されます。ちなみに、接続するBDレコーダー製品によってフォルダ構造や名称は変わります。私が使用したパナソニック「BMR-BRW1000」では、「HDD」「録画用USB-HDD」「SeeQVault-HDD」「チューナ」の4つが出てきて、それぞれのフォルダにアクセスできるようになっていました。

レコーダーの中にアクセスしたところ。内部の構造や表示フォルダ名は接続するレコーダーによって異なります

続いてフォルダ内に入っていくと、BDレコーダーに録画してある番組の一覧が表示されます。あとは、視聴したい番組のタイトルを選択して「再生」を押すだけ。読み込み時間は2〜3秒くらいで、すぐに視聴を開始できます。ちなみに、ただの「再生」を押すと該当コンテンツの視聴が終わったら番組一覧に戻りますが、「ここから再生」を押すと番組一覧にあるコンテンツを順番に続けて視聴できます。番組の一覧表の通りに続けて再生されていきます。

あとは観たい番組を選んで再生するだけです

■オススメの使い方

実際に使ってみての感想ですが、接続が安定してとても使いやすいです。もちろんネットワーク環境によると思うのですが、私の試した環境では特に途中で途切れることもなく、快適に録画コンテンツを楽しめました。UIがシンプルで見やすくて、どこをどう操作すれば良いのか初めてでもわかりやすいところも良いです。

オススメの使い方ですが、家の中でBDレコーダー内のコンテンツを楽しむとなると、やっぱり以前のレポートでもご紹介したこれでしょう。

BDレコーダーに録画しておいた番組を、布団の中で寝ながら観る。

BDレコーダーに録画しておいた番組を、布団の中で寝ながら観る!

この“寝転がりながら観る”っていうのがすごく良いんです。寝転がったり横になったりうつ伏せになったり、どんな体勢でも目の前の映像を視聴できる。これは「メガネ型ウェアラブル」であることのメリットです。


次ページ<新機能2>BDレコーダーで受信中の番組をリアルタイム視聴

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE