<山本敦のAV進化論 第32回>

【レビュー】これぞAVファン向け格安SIM − YouTubeもリモート視聴も見放題「ぷららモバイルLTE」

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2014年11月19日
今週は、NTTぷららが9月から提供をはじめたLTE高速データ通信サービス「ぷららモバイルLTE」定額無制限プランが、オーディオ・ビジュアル的にどれほど使えるサービスなのか検証する。

ぷららモバイルLTE「定額無制限プラン」のSIMカード。今回はXperia Z2に合わせてmicroSIMタイプを使用した

■ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」とは

MVNOが提供する、いわゆる“格安SIM”サービスが注目されている。「MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)」とは、ドコモなど移動通信事業者(MNO)が保有する通信設備や移動通信サービスを借りて、携帯端末への移動通信サービスを提供する事業者のこと。日本国内の主要MVNOは、その多くがドコモの回線を利用している。

また「SIMロックフリー」という言葉を耳にする機会も増えてきたと思う。Android端末だけでなく、アップルもSIMロックフリーのiPhoneやiPadを販売している。MVNOが提供する格安SIMカードや通信サービスを使用スタイルに合わせて賢く選べば、国内大手キャリアが提供するサービスより格段に安い価格で活用できる。

さて、格安SIMを選ぶにあたって、AVファンが特に重視すべきはデータ容量とスピード、そして価格のバランスだ。

ご存じの方も多いだろうが、キャリアが提供するデータプランは月ごとに使えるデータ容量に上限が決められており、それを超えるとペナルティとして通信速度が極度に遅くなってしまう。また、たとえば「3日間で1GBの通信量を超えた」など、短期間で大量のデータを転送した場合にも同様のペナルティが発生する。ネット動画をがんがんストリーミング視聴したり、大容量の写真データをクラウドストレージにアップなどしてしまい、翌日ネットが劇的に遅くなって…、という経験をしたことも少なくないはずだ。

一方で、自宅のレコーダーやNAS内の動画を外出先で視聴できる「リモート視聴」やVODサービス、ストリーミング型の音楽配信サービスなど、データをたっぷり使うAVの新機能、新サービスが増えている。こういったサービスを、データ容量の心配をすることなく使えたら便利だ。この願いを叶えるサービスがついに登場した。それが、ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」だ。

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」は、月額2,980円(税込)の固定料金で通信容量の制限なくLTE通信が利用できるプランだ。サービスエリアはNTTドコモのLTE「Xi」サービスのエリアに準拠しているため、全国各地で利用ができる。通常、ドコモ回線を利用したSIMカードは、ドコモまたはSIMロックフリーの端末で利用ができるが、本サービスの場合もこれに同じだ。詳しい動作確認済み端末のリストはホームページで公開されている。

ただし、通信速度は下り・上りともに「最大3Mbps」となっている。大手キャリアが既に、キャリアアグリゲーションなどの技術を使って受信時最大150Mbpsの高速通信を提供する時代に、最大3Mbpsという数字は少し頼りないようにも思うかもしれないが、このスピードは、AVコンテンツを楽しむ際に十分なのか。さっそく「定額無制限プラン」のSIMカードを使って実験を行った。

■セットアップはとても簡単

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」はNTTドコモの回線上で提供されている通信サービスなので、ドコモ製スマホやセルラー機能搭載タブレットを使う場合は、わざわざドコモショップに足を運んで、手数料を払ってSIMロックを解除する必要はない。今回は筆者が所有するドコモの「Xperia Z2」を使って実験を行った。

Xperia Z2のSIMカードスロットに装着する

リモート視聴やハイレゾ音源購入を試す

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事