【特別企画】音のDAIKENで実現

8畳間で出来る!楽器練習もシアターもOKな“シアター&音楽室”に注目

レポート/ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2013年10月30日


ホームシアターの魅力といえば、迫力のある大画面と臨場感のある音。一般的には、そんな醍醐味を実現するためにスピーカーやプロジェクター、AVアンプなどの“大きくてゴツい機器”を導入し、近隣の迷惑にならないよう“音が漏れない専用室”を作らないと実現できない“大がかりな趣味”というイメージだ。多くの人が、リビングや自室のテレビでブルーレイやVODを楽しむことはあっても、ホームシアターの導入となると、漠然と「それは自分からは遠い世界のモノ」という思いを持つのではないだろうか。

では、リビングや自室など、普段暮らす部屋でホームシアターも楽しめるとしたらどうだろう?

それを実現したのが、今回ご紹介する若尾逸郎さん・幸子さん夫妻だ。若尾さん夫妻が自宅に導入したのは、普段から楽器を練習する部屋でホームシアターも楽しめる、いわば“シアター&音楽室”である。

若尾逸郎さん(左)・幸子さん(右)夫妻と、犬のモコちゃん(真ん中)

このシアター&音楽室の広さは8畳一間。若尾さん夫妻はこの部屋で、楽器の練習・演奏をしたり、ホームシアターを楽しむ毎日を送っている。一体どうやってこの部屋は実現したのか? さっそくこの若尾さん宅のシアター&音楽室を、この部屋が作られたストーリーと共に覗いてみよう。

<目次>
【1】“私の楽器練習室で、夫と一緒にホームシアターも楽しんでいます!”
【2】音の響き方やインテリア性までチェック!“女性ならでは”の部屋作りを実践
【3】家族それぞれの生活スタイルで楽しむ、若尾さん夫妻の音楽+シアターライフ

楽器練習室とホームシアター室は、8畳ひと部屋で“兼用”できる!

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事