最長7泊8日で自宅で体験できる

JVC、4Kプロジェクター無料貸出サービスを期間限定開始

ファイル・ウェブ編集部
2013年05月15日
JVCケンウッドは、JVCブランドの4K対応D-ILAプロジェクターの無料貸出サービスを開始した。10月31日(木)までの期間限定実施となる。

貸出機種は「DLA-X75R」「DLA-X55R」の2機種で、最長7泊8日の貸出に対応する。自宅環境で4K画質の視聴を試したり、現在所有しているプロジェクターとの比較が行える。利用台数は一世帯につき同一製品を1回のみ。

DLA-X75R

貸出品はプロジェクター本体のほか、3D映像用にメガネ(2個)、エミッター(1個)を同梱する。そのほかのスクリーンや接続機器、接続ケーブル、ソフト等の貸出は行っていない。

なお、同社では本サービス利用資格として、「自宅で上記2モデルの使用環境を用意できること」「日本国在住の成年で、本人確認書類をプロジェクター受け取りの際に提示すること」「使用後のアンケートに協力すること」の3点をアナウンスしている。

本サービスの利用後、DLA-X75RもしくはDLA-55Rを購入したユーザーには、RF電波式の3Dメガネと3Dシンクロエミッターなどの3Dオプション品がもれなくプレゼントされる。

申し込みはこちらの公式サイトで受け付けている。

関連リンク

関連記事