音質・画質・使い勝手を徹底チェック

【レビュー】全面刷新した第5世代「iPod touch」の実力をチェック

編集部:風間雄介

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2012年10月12日

■iPhone 4S/iPhone 5とカメラ性能を比較する

カメラ性能も検証していこう。これまでのiPod touchは裏面照射センサーを装備していたものの、画素数が960×720と非常に少ないため、静止画撮影用のカメラとしては実用に堪えるものではなかったが、今回は500万画素。iPhone 4と同じ画素数へと、大幅にパワーアップした。※初出時、iPhone 4Sの撮像素子の画素数を500万画素と表記していましたが、800万画素の誤りでした。お詫びして訂正致します。

iPod touchのカメラ部。LEDフラッシュも備えた

また動画撮影でも、これまでは720pしか対応していなかったが、新iPod touchはフルHD動画の撮影が可能になった。

iPhone 4SとiPhone 5を用意し、iPod touchと静止画撮影機能を比べてみた。

まず屋外で、あえて逆光気味で撮影したビルの写真を見ると、iPod touchの写真だけ、やや青被りしているのが気になる。実際にはiPhone 5や4Sで撮影した画像の方が、肉眼で見た色に近い。

iPhone 5での撮影画像

iPhone 4Sの撮影画像


iPod touchの撮影画像

また花を撮影すると、iPod touchで撮影した写真の色乗りが浅いことに気づく。色乗りはiPhone 5が圧倒的によく、次いで4S、iPod touchという順番になる。

iPhone 4Sで撮影した画像をリサイズ

iPod touchで撮影した画像をリサイズ。色乗りが浅い


iPhone 4Sの画像の一部を切り出した画像

同じくiPod touchで撮影した画像の一部を切り出した画像

iPhone 4SとiPod touchの実際の写真を拡大すると、画素数やレンズ性能の差によるものだろうか、細部の描写力は4Sの方が断然良いことが分かる。

暗い室内撮影では、明るい場所以上に、描写力に大きな差が出た。iPhone 4Sではノイズが乗りながらも、なんとか描けていたディテールが、iPod touchでは潰れてしまっている。それにしても驚異的なのは、iPhone 5の暗所撮影能力の高さ。iPhone 4SやiPod touchで撮った画像程度の明るさしかない環境だったにも関わらず、iPhone 5では肉眼で見るよりはるかに明るく、鮮明な写真が撮影できた。見た目とあまりに違う画像が撮影できるので、逆に違和感を覚えるほどだ。

暗い室内でiPhone 5で撮影した画像。肉眼で見るよりはるかに明るく写り、ノイズも少ない

iPhone 4Sで撮影した画像。ややノイジーだ


iPod touchの撮影画像。ノイズが4Sよりさらに増え、ディテールの描き込みも甘くなる

いよいよ音質チェック!ウォークマンとも比較

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連リンク

関連記事