パナ/ソニー/シャープ/東芝の最新機器を一斉テスト

「買い」モデルはどれ? BDレコーダー4メーカー新モデル比較(1)− 各社の録画機能をチェック

折原一也

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2010年10月12日

■ソニー
 「一発予約」が可能になった番組表。強力な検索・自動録画を両立


ソニーの2010年秋モデルは、久しぶりにEPGも含めた大リニューアルを実施した。ラインナップも多彩で、上位モデルから「BDZ-AX2000」「BDZ-AX1000」「BDZ-AT900」「BDZ-AT700」「BDZ-AT500」「BDZ-AT300S」の6機種(関連ニュース 1 / 2)。全機種がBlu-ray 3Dの再生に対応する。なおAT300Sのみデジタルシングルチューナーで、残り5機種はデジタルダブルチューナーとなる。テストに使用したのは最上位の「BDZ-AX2000」だ。

ソニー「BDZ-AX2000」

録画面での大きな進化点は、これまでの「録画1」「録画2」の区別がなくなり、さらにAVCのダブル録画にも対応したこと。また「おでかけ転送」もダブル録画の実行や録画形式を意識せずに使えるようになった。さらに番組表からの「一発予約」にも対応と、最近のBDレコーダーの流行をしっかりと取り入れている。

検索機能は従来通りで、番組表や録画番組からジャンプできる「気になる検索」、ジャンル、キーワードを複合検索できる詳細検索、さらに条件をカスタマイズできる自動録画機能「x−おまかせ・まる録」、自動ピックアップした注目番組をテレビガイド誌風のレイアウトで紹介する「My! 番組表」と、録画・検索機能の選択肢は実に多彩だ。

番組表は7/9ch切り替え。「録画」ボタンでの一発予約にも新たに対応した。チューナーの区別がないため、録画モードがAVCであっても問題なく予約が行える

手動の録画予約設定も、確認画面で「予約する」を選択するだけで行えるシンプルなものになった。録画モードなどを個別に設定するには「予約設定へ」を経由するため、1ステップ増えた


「気になる検索」は番組表からオプションを開くと、キーワード、人名を自動ピックアップし、検索することができる機能。番組情報さえあればどんな番組でも使用でき、出演者の多い番組で検索すると思わぬ人が見つかることも

検索と自動検索の「おまかせ・まる録」はジャンル、キーワード、除外キーワード、時間帯、チャンネルまで設定でき、非常に多機能。キーワードは「気になる検索」などの履歴から選べる


リニューアルされた「My! 番組表」は、注目番組情報を自動で雑誌風に表示する。1週間の注目番組を自動で見つけてくれる「みどころ特集」も面白い

「My! 番組表」ではジャンル、キーワードを登録しておくと合致する番組をリストアップ。機能としては検索に近いものだが、番組情報も同時に見られるのはまさにテレビガイド誌感覚だ

シンプル操作のAQUOSブルーレイ

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事