27型/WQHD「EX2710Q」など

BenQ、ゲーミングモニターブランド「MOBIUZ」から165Hz駆動対応モデル3機種

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2021年06月24日
ベンキュージャパンは、ゲーミングモニターブランド「MOBIUZ」の新機種として、リフレッシュレート165Hz対応の「EX2710Q」「EX2710S」「EX2510S」を発表した。発売時期と税込みの予想実売価格は下記のとおり。

EX2710Q/EX2710S/EX2510Sの3モデルをラインナップ

・EX2710Q(27型/WQHD)65,000円前後/8月下旬発売
・EX2710S(27型/フルHD)41,000円前後/7月下旬発売
・EX2510S(24.5型/フルHD)40,000円前後/7月下旬発売

3モデルとも、MOBIUZとして初のリフレッシュレート165Hzを実現。画面のちらつきを抑えることができるため、滑らかな映像表示が可能だとしている。

また、動画応答速度に特化した指標の、MPRT (Moving Picture Response Time) を1msまで短縮し、中間階調における応答速度を表す GTG 2 ms (Grey-to-Grey)を実現。色の変化だけでなく、動きのあるシーンにおけるブレやノイズといった残像の影響を、極限まで抑えたとアピールしている。

HDRにも対応することに加え、通常のHDRに、BenQ独自の色自動調節機能ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+) を融合したHDRi機能を装備。センサーで周辺環境における明るさのレベルを検知し、表示されるHDR映像を調整することで暗い部分のディテールも明瞭な表示をできるように配慮している。

広視野角のIPSパネルを搭載するほか、sRGBカバー率 99%を実現。 画像内のティアリングを抑えるAMD FreeSync Premiumも搭載している。また、FPS、SPG、RPG の3つのゲームモードを搭載している。

音質面では、独自の高音質化技術treVoloを投入したスピーカーを内蔵。「EX2710Q」は2Wスピーカー2基と5Wのサブウーファーを、「EX2710S」「EX2510S」は2.5Wのスピーカー2基を搭載している。

画面の明暗を-10から10までの20段階で変更できる「Light Tuner」機能や、暗い場面の視認性を高める「Black eQualizer」、色の鮮やかさを調整する「Color Virance」も引き続き装備。独自のアイケア技術や、周囲の明るさと色温度を検知してモニターの設定を自動調整するブライトネスインテリジェンスプラス (B.I.+) テクノロジーも備えている。

HDMIを2系統、DisplayPortを1系統の計3つの入力端子を装備。HDMI端子はHDMI 2.0対応で、DisplayPortはWQHD(2,560×1,440)解像度モデルのEX2710Qがバージョン1.4、フルHDモデルのEX2710SとEX2510Sが1.2対応。輝度はEX2710Qが250カンデラ、EX2710SとEX2510Sが280カンデラ。HDR時は3モデルとも400カンデラとなる。

関連記事