ウィジェットが縮小される問題など修正

iOS 14.1提供開始。旧iPhoneでもHDR動画に対応、バグ修正も多数

PHILE WEB編集部
2020年10月21日
アップルは、iPhoneとiPod touch向けのOS「iOS 14.1」を無償で提供開始した。

iOS 14.1では、iPhone 8以降の「写真」アプリで10ビットHDRビデオの再生と編集に対応した。

iPhone 12ではHDR動画の撮影が可能になる

バグフィックスも多数行われており、一部のウィジェット、フォルダ、アイコンがホーム画面に縮小表示されていた問題に対処。さらに、ホーム画面でウィジェットをドラッグするとフォルダからAppが削除されてしまうことがある問題にも対処した。

「メール」アプリで一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題、着信時に地域情報が表示されないことがある問題も修正した。

そのほか、アルバムまたはプレイリストの表示中に、一部のユーザで曲のダウンロードやライブラリへの追加ができないことがある問題も修正。

さらに、一部のデバイスで拡大表示モードと英数字のパスコードを選択すると、ロック画面の緊急電話ボタンがテキスト入力ボックスと重なってしまうことがある問題にも対処した。

ほかにも、以下のバグや問題の修正が行われている。

・“計算機”でゼロが表示されないことがある問題
・ストリーミングビデオの再生開始時に解像度が一時的に低下することがある問題
・一部のユーザでファミリーメンバーのApple Watchが設定できなくなっていた問題
・“Apple Watch” AppでApple Watchのケース素材が誤って表示されていた問題
・“ファイル” Appで、一部のMDM管理のクラウド・サービス・プロバイダによるコンテンツが誤って利用不可として表示されることがある問題
・Ubiquitiワイヤレス・アクセス・ポイントとの互換性

関連リンク

関連記事