miniからPro Maxまで一挙に紹介

全機種5G対応の「iPhone 12」シリーズ4機種。小型から大型まで、どれを選ぶ?

PHILE WEB編集部
2020年10月14日
アップルは、iPhone 12シリーズ4機種を発表した。それぞれの特徴をかんたんに紹介していこう。

まず、すべての機種が5Gでの通信に対応したことに注目したい。5Gについては、ドコモ、ソフトバンクを含む世界の100以上のキャリアとテストしたという。Sub-6に対応し、理想的な環境では3.5Gbpsのダウンロード速度が出るとしている。また、アメリカではミリ波にも対応し、さらに高速で通信できる。

4機種が一挙に登場したiPhone 12シリーズ

5Gへの対応にあわせて、本体デザインも刷新された。ディスプレイにノッチがあるのは変わっていないが、側面がこれまでの曲面的な形状から、平面的な形状となった。このアルミニウムフレームを囲むようにアンテナを配置している。

12と12 miniは性能がほぼ同等で、画面サイズや筐体サイズが異なっている。ただしバッテリー持続時間は、12 miniは少し短くなっている。また12 Proと12 Pro Maxについては、トリプルカメラを搭載してカメラ性能を高め、LiDARスキャナーを搭載することでAF速度も高速化させているというのが、4機種の大まかな見取り図になる。

画面サイズは、一番小さいiPhone 12 miniが5.4インチ、無印のiPhone 12が6.1インチ。iPhone 12 Proも同じく6.1インチ、そしてiPhone 12 Pro Maxが6.7インチ。すべて「Super Retina XDR」有機ELディスプレイが採用され、ディスプレイを保護する素材には、“ガラスを超えた素材”と同社が説明する「セラミックシールド」を採用し、耐衝撃性を高めている。

プロセッサーは、いずれもA14 Bionicを搭載。5nmプロセスルールで製造されるもので、6コアCPU/4コアGPUを搭載し、機械学習の性能も高めたことが特徴だ。

カメラは、12と12 miniが2カメラ、12 Proと12 Pro Maxが3カメラ。12と12 miniは超広角と広角、12 Proと12 Pro Maxが超広角/広角/望遠という構成になる。また12 Proと12 Pro Maxには前述の通り、LiDARスキャナーも採用されている。

12 Proと12 Pro Maxでは望遠の焦点距離と光学ズーム倍率が異なり、12 Proは52mm相当の4倍光学ズーム、12 Pro Maxでは65mm相当の5倍ズームとなる。また12 Pro Maxにはセンサーシフトによる光学式手ブレ補正も搭載している。

4機種はワイヤレス充電も改良し、「MagSafe」という新たな技術を搭載した。マグネットでワイヤレス充電機とiPhone本体を固定し、充電しやすくする機能で、対応のケースも販売する。Apple Watchと同時に充電できる、折りたためる充電器も発売する。

内蔵フラッシュメモリは、12/12 miniが64/128/256GB、12 Pro/12 Pro Maxが128/256/512GBから選択できる。

価格は12 miniが74,800円/64GBから、12が85,800円/64GBから、12 Proが106,800円/128GBから、12 Pro Maxが117,800円/128GB(すべて税抜)からとなっている。

なおiPhone 12シリーズは、イヤホンや電源アダプターを同梱していない。これにより二酸化炭素の排出量を大幅に抑えることが可能になるという。

関連記事