HOME > ニュース > ZOWIE、新デザインと設定共有機能を採用したゲーミングモニター「XL2546K」「XL2411K」

高リフレッシュレートや残像低減技術に対応

ZOWIE、新デザインと設定共有機能を採用したゲーミングモニター「XL2546K」「XL2411K」

2020/10/08 編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ベンキュージャパンは、同社のゲーミングブランドZOWIEから、esports向けに新デザインの筐体と新機能を採用したフルHDゲーミングモニター「XL2546K」「XL2411K」を10月9日より発売する。価格はいずれもオープン。

●24.5インチワイドモデル「XL2546K」(市場想定価格:税抜65,000円前後)
●24インチワイドモデル「XL2411K」(市場想定価格:税抜30,000円前後)

「XL2546K」/「XL2411K」

新デザインの筐体は従来モデルよりも台座がコンパクトとなり、キーボードやマウスパッドの配置の自由度が向上。指一本で動かせる高さ調節機構や、切り替えレスポンスの良いOSDメニュー等、操作性も高めたとしている。

新機能となる「XL Setting to share」は、ディスプレイの「ゲームモード」設定をプロファイル化し、無料ソフトウェアを通じて共有するというもの。他のチームやプレーヤーのディスプレイ設定をすばやく簡単にダウンロードし使うことができる。

ディスプレイはノングレアのTNパネルを採用。表示色は約1,677万色、視野角は左右170度/上下160度、輝度は320cd/m2、コントラスト比は1000:1となる。

また独自のオプションとして、手元から表示モードやプロファイルを切り替えられる「S.Switch」が同梱する。

表示モードやプロファイルの切り替えができる「S.Switch」が付属

24.5インチワイドモデルの「XL2546K」は、ネイティブ240Hzリフレッシュレートに対応。応答速度も0.5ms(GtG)を実現し、非常に滑らかで臨場感のあるゲームプレイが楽しめるとする。

また、残像感を軽減する独自技術「DyAc+(ダイナミックアキュレシープラス)」や、ティアリング(チラつき)/フレームの破損/カクつきといった表示上の問題を最小限に抑える「FreeSync Premium」等、快適なゲームプレイを補助する機能を備える。

入力端子はHDMI 2.0×3/Display Port 1.2×1を搭載。上下ティルト角度は-5〜23度、スウィーベル角度は左右45度。標準消費電力は32W。外形寸法は571W×442.84〜521.17H×200.18Dmm、質量は約6.2g。

24インチワイドモデルの「XL2411K」は、リフレッシュレート144Hzと応答速度1ms(GtG)を実現。独自の残像低減技術「DyAc」も採用している。

入力端子はHDMI 2.0×1/HDMI 1.4×2/Display Port 1.2×1を搭載。上下ティルト角度は-5〜23度、スウィーベル角度は左右45度。標準消費電力は32W。外形寸法は571W×442.84〜525.56H×200.18Dmm、質量は約5.9g。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE