受信時最大4.1Gbps

ドコモ5G、3月25日スタート。データ上限なし、6月には全都道府県で展開

編集部:押野 由宇
2020年03月18日
NTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)を用いた通信サービスを2020年3月25日(水)から提供開始する。

NTTドコモが5Gサービスを3/25より提供開始

5Gの通信速度は、提供開始時点で受信時最大3.4Gbps、6月以降は受信時最大4.1Gbpsとなる。また対応エリアは2020年3月末時点で全国150か所、2020年6月末には全都道府県へ展開する。

対応した料金プランは、「5Gギガホ」「5Gギガライト」を5Gスマートフォンユーザーに対して提供される。

5Gギガホでは、新たに契約してからの最大6か月間、月額料金を1,000円割引く「5Gギガホ割」を提供。併せて「みんなドコモ割(3回線以上)」「ドコモ光セット割」「dカードお支払い割」を適用すると、最大6か月間、月額4,480円から利用することができる。

支払い料金イメージ

また当面の間、5Gギガホを契約すると、「データ量無制限キャンペーン」により、国内利用であれば動画などのコンテンツを、データ量上限を気にすることなく楽しめる。

さらに、5Gギガホを契約ユーザーが「かけ放題オプション」もしくは「5分通話無料オプション」を申し込んだ場合、最大1年間月額700円を割引く「5Gギガホ音声割」も提供される。

5Gギガライトは、利用データ量に応じた料金が段階的に適用となり、「みんなドコモ割(3回線以上)」「dカードお支払い割」の適用で、月間利用データ量が1GB以下の場合、月額1,980円から利用できるプラン。

5Gギガホ、5Gギガライトのほか、ひとりで2台の機種を利用する場合に、ペア設定した「ドコモのギガプラン」のデータ量をシェアできる「5Gデータプラス」を月額1,000円で提供する。

5G対応機種は、ドコモ スマートフォン7機種、データ通信製品1機種を、サービス開始日以降順次発売。なお5G対応機種はLTEエリアでも利用できる。

なお、先日発表されたソフトバンクの5Gサービスの提供は3月27日からで、契約している対象料金プランに加えて、新サービス「5G基本料」(月額使用料1,000円/税抜)に加入することで、「SoftBank 5G」のネットワークが使用できるというもの。また、5G基本料の月額使用料が2年間無料になる「5G無料キャンペーン」(申し込み不要)を、2020年8月31日まで実施する。

関連リンク

関連記事