会場でも5G活用サービスを実施

ドコモ、5G活用のラグビーW杯ライブビューイング。大画面&手元端末でマルチアングル視聴、約600名招待

編集部:小澤麻実
2019年07月26日
NTTドコモは、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」が開催される全国8会場のスタジアム等で、マルチアングル視聴など5Gを利用したプレ・サービスを提供すると発表した。提供予定日は9月20日から。「商用サービス開始時と同等の5Gネットワーク環境を一般のお客様に提供するのは日本で初めて」だという。

全国8会場にて、試合のマルチアングル視聴や解説情報などをスタジアム内の5G端末に配信。報道写真をカメラから高速アップロードできるシステムも用意する。

一般参加者が体験できるのは、ベルサール汐留で行われるパブリックビューイングだ。参加者には5G端末が貸し出され、大画面に映し出される試合映像に加え、手元の端末でスタジアムで行われている試合のマルチアングル映像などを観戦できる。

対象となるのは以下の2試合。
・9月20日(金)19:45〜 日本VSロシア @東京スタジアム
・10月13日(日)19:45〜 日本VSスコットランド @横浜国際総合競技場

参加応募受付は8月20日12時から下記サイトにて実施。2試合合計で約600名が無料招待される予定だ。
https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/rwc2019/0distance/

そのほか、5Gを疑似体験できるブースを全国16箇所の試合会場および「ファンゾーン」に設置。VRでの試合観戦や、マルチアングル視聴の体験などが行える。会場の詳細はこちら

関連記事