アップルTIPS

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる! 誰でもできるいくつかのコツ

山本 敦
2020年03月03日
iPhoneを長く使い続けると内蔵バッテリーの性能が落ち、気に入っていたのに買い換えざるを得なかったという経験をお持ちの方は多いだろう。

今使っているiPhoneのバッテリーをなるべく長持ちさせたい。そのためにできることとは?

バッテリーは化学的な経年劣化を避けることが難しい。端末を充電器につないだまま長く放置してしまったり、あまり頻繁に充電するとパフォーマンスの劣化が進むとも言われているが、実際には様々な要因が複雑に絡み合って経年劣化が起きるため、バッテリーの寿命を延ばすための秘策は一つには絞りきれない。

ただ、ユーザーが普段からあの手この手を尽くして、バッテリーの劣化を緩やかにするための手立てはいくつかある。まずは、iOS 13から搭載された「最適化されたバッテリー充電」機能を活用してみることだ。

iPhoneは寝る前に充電を始めて、朝に満充電の状態にして出かけるという方は多いと思う。ところが、iPhoneがフル充電になったままの時間が長くなると、バッテリーの劣化が進んでしまう。

そこで、iPhoneの「設定」から「バッテリー」に入り、「バッテリーの状態」画面で「最適化されたバッテリー充電」がオンになっていることを確認しよう。この機能を有効にすると、iPhoneがバッテリーを80パーセントまで充電したら、その後の充電を遅らせて「ゆっくりと満充電」にしてくれる。

iPhoneのバッテリー設定にiOS 13以降から「最適化されたバッテリー充電」の項目が加わった

この機能は、iPhoneがユーザーの充電習慣を学習して実行される。たとえばベッドに就いたとき、ある程度長時間に渡って充電を行うだろうなどとAIが行動を予測し、それにあわせて最適な充電を行うのだ。

「最適化されたバッテリー充電」が有効化された状態で、寝る前など夜に充電器をコンセントにつなぐと、何時頃に満充電になるかの通知をロック画面に表示してくれる。翌日はいつもより少し早めに家を出たい時など、予告時間が都合に合わない場合、通知を長押しすると「今すぐ充電」に切り換えられる。

機能を有効にすると、次回はだいたい何時頃にバッテリーを満充電にするかの通知をロック画面に表示してくれる

通知を長押しして「今すぐ変更」をタップすると「最適化〜」の機能がキャンセルできる

ほかにも、アップルがiPhoneの使用に最適な温度の範囲として紹介している「0°C〜35°C」の環境で常に使うように心がけたり(直射日光下にさらし続けるのは御法度)、充電中に端末が熱を持たないよう、念のためケースから取り外すなど、打つべき手は色々ある。

またiPhoneを買い換えた際など、以前使っていた端末をしばらく保管する場合は、バッテリー残量を50%前後まで充電してから、32度以下の涼しい環境で保管すると、バッテリーの劣化が緩やかになる。また保管が長期化しそうな時には、6か月ごとに50%まで充電するメンテナンス方法がおすすめだ。

関連リンク

関連記事