外観はiPhone 8に近い?

廉価版iPhone、3月にも発表か − 米Bloomberg報道

PHILE WEB編集部
2020年01月23日
米Bloombergは、以前から噂されていた廉価版iPhoneの発売時期など詳細について報じた。

Bloombergによると、新たな廉価版iPhoneの外観はiPhone 8に似ているとのことで、4.7インチの画面を搭載。指紋認証機能「Touch ID」も搭載されそうだ、としている。

外観はiPhone 8に似ているという

Bloombergが関係者に取材したところ。2月にはサプライヤーが製造を開始するとのこと。商品の発表時期は、早ければ3月になるとも報じている。

なおBloombergは、今年後半に発売される新たなハイエンドiPhoneシリーズについても言及。他サイトなどでも噂されているとおり、より高速なプロセッサーと、奥行き情報が得られる3Dカメラが搭載されると述べている。

関連リンク

関連記事