大きな飛躍を遂げた

「iPhone 11 Pro」ハンズオン! カメラだけじゃない、画質・音質も大幅進化した

山本敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2019年09月19日
アップルから3つの新しいiPhoneが登場する。今回も発売前に実機を試すことができた。特に、プロも満足させるハイクオリティを謳う「iPhone 11 Pro」シリーズの目を見張る画質向上と、内蔵スピーカーによるオーディオ再生の新たな試み「空間オーディオ」が面白かった。アップルが一番強く主張しているカメラ機能の向上も含め、早速レポートしていきたい。

6.5インチの「Super Retina XDR」を搭載したiPhone 11 Pro Max

“中味”も大きく2018年のiPhoneから進化している

2019年の秋に発売される機種は、新開発の有機ELディスプレイ「Super Retina XDR」を搭載する5.8インチの「iPhone 11 Pro」と6.5インチの「iPhone 11 Pro Max」に、液晶ディスプレイ「Liquid Retina HD」を搭載した6.1インチの「iPhone 11」だ。

iPhone 11 Proのミッドナイトグリーンはまさしく深い緑色。iPhone 11 Proシリーズのスペースグレイと雰囲気がよく似ている

iPhone 11 ProはiPhoneで初めてトリプルレンズカメラユニットを搭載した


iPhone 11は6.1インチのLiquid Retina HDディスプレイを搭載

ホワイトのカラバリモデル。クリアガラスパネルを採用した
ディスプレイのサイズ構成は2018年発売のモデルから変わっていないが、iPhone 11 Proシリーズが搭載するSuper Retina XDRディスプレイは、コントラスト比が従来の100万対1から200万対1に、ピーク輝度時の表示限界が625nitsから800nitsまで向上している。

さらにSuper Retina XDRディスプレイはHDR10とDolby VisionによるHDR対応の映像コンテンツや、HDR静止画を再生時に表示できるピーク輝度が1,200nitsまで確保されている。実際の画質についてはこのあと報告したい。

iPhone 11が搭載する6.1インチのLiquid Retina HDディスプレイは、2018年に発売されたiPhone XRと表示性能は同じ。HDRには非対応だが、明るく素直な色再現を特徴としている。

なお2019年発売のiPhoneから、パネルを押し込む操作に機能を割り当てられるユーザーインターフェースである3D Touchが非搭載となり、iPhone XRと同じ触覚タッチ(Haptic Touch)に変更された。この操作感に大きな変化はない。

触覚タッチ(Haptic Touch)でも3D Touchと同様の操作ができる

3つの新製品ともSoCには最新の「A13 Bionic」を搭載した。Neural Engineによるリアルタイムの機械学習処理速度は最大20%向上、消費電力も15%効率化されたことにより、マルチレンズユニットを搭載するカメラシステムやARアプリの処理性能が向上した。Face IDは、従来機種と比べ、端末と顔の距離が遠くてもロック解除できるようになった。

内蔵バッテリーによる駆動時間は、iPhone 11 ProがiPhone XSと比べて約4時間、iPhone 11 Pro MaxがiPhone XS Maxよりも約5時間長くなった。iPhone 11は元から長時間駆動を特徴とするiPhone XRと比べて1時間アップしている。

そのほか、3つの新しいiPhoneに共通する特徴は、iPhone専用に開発された“スマホの中で一番強い”という強化ガラスを端末の表裏両面に採用したことだ。マルチレンズを搭載するカメラユニットも含め、背面をまるごと1枚のガラスパネルでカバーする。iPhone 11 Proシリーズはマットな質感の磨りガラス。光の拡散効果が活かされ、4つのバリエーションを設けた本体色のメタリックな輝きがさらに映える。

背面のガラスパネルはカメラユニットを覆う部分もシームレスにつながっている、1枚板から削り出した強化ガラスパネルを採用する

フレームの素材はステンレス

2018年のiPhoneから変更されなかった点は、Lightningコネクタが引き続き搭載されたことだ。ただしアダプターが変わったため、USB-C/Lightningケーブルが同梱されることになった。MacBookの新しいモデルにiPhoneを直接つなげるので便利だ。従来のLightning/USB-Aタイプのアダプタとケーブルも引き続き使える。

Lightning端子を引き続き搭載している

またQi対応のワイヤレス充電パッドによるワイヤレスチャージにも対応しているが、発表前に噂されていた、AirPodsなど外部機器にiPhoneからワイヤレス給電ができるリバースチャージは搭載されていないようだ。

iPhone 11シリーズは発売と同時に純正クリアケースが用意される

iPhone 11 Pro Maxにケースを装着してみた

引き込まれる高画質、Super Retina XDRディスプレイ

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事