アップルTIPS

iPhone 11、もう予約した?購入時に知っておきたい2つのポイント

山本 敦
2019年09月17日
新しいiPhoneの予約受付がスタートしている。これから注文を検討している方のために、知っておきたい2つのポイントを紹介しよう。

iPhone 11/Proが予約受付中

知っておきたいことのひとつめが、予約を入れる際、一緒にiPhoneの下取りが申し込めることだ。

予約注文を選択すると最初に下取りに出せるiPhoneを所有していないか聞かれる

使わなくなるiPhoneなどの下取りをApple Trade In(GiveBack)プログラムへ別途申し込むと、下取り額分をApple Storeギフトカードで受け取る選択肢になる。一方、デバイス購入時にオンラインまたはApple Storeで下取りに出すと、新しいデバイスの購入価格から下取り額分を割引くことができるので、ほかにApple製品を購入する予定がない場合などには購入時申し込みが便利だ。

iPhoneのコンディションによっても査定の金額は変わるが、最大下取り金額の目安は申し込みの際にわかる

そして知っておきたいふたつめのポイントが、iPhoneのAppleCare+に「盗難・紛失プラン」が今期から新しく加わったことだ。同サービスはこれまでは米国だけで提供されていたが、好評につき日本にも展開されることになった。

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」も新しく登場した

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」は過失や事故による損傷に対する修理などのサービスと、盗難や紛失に対する保証を低価格で2回まで受けられるという内容だ。さらに、エクスプレス交換サービスを利用したり、専任スペシャリストとチャット、または電話で優先的に問い合わせることもできるようになる。

ほかにも通常のApple Care+と同じく、電話によるテクニカルサポートとハードウェア製品の保証が1年間から2年間に延長される。価格は通常のApple Care+が22,800円(税別)、盗難・紛失プランが24,800円(税別)だ。

お酒の席にiPhoneを忘れてしまい、「iPhoneを探す」をオンにしていたのに二度と再会できなかったという話や、海外旅行でiPhoneを盗まれたという話もよく聞く。転ばぬ先の杖についても考慮して、良い買い物をしたいものだ。

関連リンク

関連記事