500GBで約2万円から

サムスン、指紋認証搭載の外付けSSD「T7 Touch」。最大転送速度1,050MB/sに対応

編集部:平山洸太
2020年01月22日
日本サムスンは、セキュリティ機能搭載の外付けSSD「Samsung Portable SSD T7 Touch」を2020年2月下旬に販売する。カラーはブラックとシルバーを用意。価格はオープンだが、500GBモデルは19,980円前後、1TBモデルは29,980円前後、2TBモデルは52,980円前後(いずれも税込)での実売が予想される。

「Samsung Portable SSD T7 Touch」

ブラックとシルバーをラインナップする

インターフェースにはUSB3.2 Gen2(USB3.1 Gen2)を採用する。PCIe NVMeテクノロジーにより、最大1,050MB/sのシーケンシャル読み出しと、最大1,000MB/sの書き込み速度に対応。これは現行モデル「Portable SSD T5」との比較で約1.9倍、外付けHDD「HX MTD10EA」との比較で約9.5倍の転送速度だという。

大きな特徴は、指紋認証によるセキュリティ機能に対応した点。最大4つまでの指紋を登録することができ、専用アプリから登録や管理、セキュリティ機能のオンオフなどを行うことができる。アプリはWindows/Mac/Androidに対応。従来のAES256ビットハードウェア暗号化のオプションパスワードも備える。

アプリから指紋の登録が行える(写真はMac版)

なお、先述のように登録・管理はアプリから行うこととなるが、指紋認証でのセキュリティ機能はアプリ不要となっており、本体のみで動作可能。デバイスに接続した後にロックを解除することで、ドライブとしてマウントされる設計となっている。そのため、一度設定をすれば、WindowsやMac、Androidといった多くの機器で利用することが可能だ。また公式対応はしていないが、参考出展としてiOS(iPad Pro)、PS4との組み合わせでも動作していた。

MacBook Proで使用している様子

Galaxy S9で使用している様子

外形寸法は85W×57H×8Dmmで、質量は58g。メタルボディを採用し、最大2メートルからの落下に耐える堅牢設計となっている。また、付属品としてUSB Type-C to Aケーブル、USB Type-C to Cケーブルを同梱。3年間の限定保証も付帯する。

本体側の端子はUSB Type-C

USBケーブルはType-C to AとType-C to Cが付属する

関連リンク

関連記事