開くと約7.3インチ、閉じると約4.6インチ

折りたためるスマホ「Galaxy Fold」、auから10月25日発売

編集部:小澤麻実
2019年10月10日
サムスンの折りたたみ可能なフォルダブルディスプレイのスマートフォン「Galaxy Fold」が、auの2019秋冬-2020春モデルとして10月25日に発売されることが明らかになった。カラーはスペースシルバーのみ。

「Galaxy Fold」

10月11日10時から、au Online Shopや直営店、Galaxy Harajuku、一部家電量販店などで予約受付を行う。au Online Shopでは245,520円で販売されている。

サムスンが今年2月に発表していたもので、このたび日本での発売が決まった格好だ。現時点ではauの独占取り扱い。なお9月のIFAでも出展されており、ファイルウェブではハンズオン動画でもレポートしているので、そちらの記事もチェックいただきたい。

IFA2019に展示されていた「Galaxy Fold」

折りたたみ式の「Infinity Flex Display」を採用しているのが最大の特徴。折りたたんだ状態では約4.6インチのカバーディスプレイを、本体を開くと約7.3インチのメインディスプレイを利用できる。

折りたたんだ状態では名刺入れを縦にしたときよりも横幅はスリム。開くと名刺入れを横にしたくらいの幅に。(どちらもIFA2019で撮影)

ディスプレイの切換えは、閉じた状態から画面を開くだけでOK。カバーディスプレイで表示していたアプリなどもシームレスに移行表示できるとのことだ。

また、同時に最大3つのアプリを起動可能。大画面を3分割して動画のストリーミング再生、ゲームプレイ、テキスト入力などを同時に行うことができる。

メインディスプレイは解像度2152x1536/362ppiのDynamic AMOLEDディスプレイで、HDR10+に対応。カバーディスプレイは解像度720x1680のSuper AMOLEDディスプレイとなっている。

外形寸法は、閉じた状態が約63W×161H×15.7Dmm、開いた状態が約118W×161H×6.9Dmm。質量は約276g。



IFA2019に展示されていた「Galaxy Fold」実機のハンズオン動画。開閉の様子やマルチウィンドウ機能などが分かる

カメラは6基搭載。カバーディスプレイ正面に1基設けられたカバーカメラは、画素数1,000万画素でピクセルサイズ1.12μm、視野角80度、F値2.2。

画面を開いた状態で右側上部にあるサブカメラは、セルフィーカメラ(画素数1,000万画素/ピクセルサイズ1.22μm/視野角80度/F値2.2)とRGB深度カメラ(画素数800万画素/ピクセルサイズ1.12μm/F値1.9)の2基構成。

本体背面に設けられたメインカメラは3基構成。超広角カメラ(画素数1,600万画素/ピクセルサイズ1.0μm/視野角123度/F値2.2)、広角カメラ(画素数1,200万画素/ピクセルサイズ1.4μm/視野角77度/F値1.5、2.4自動切替)、望遠カメラ(画素数1,200万画素/ピクセルサイズ1.0μm/視野角45度/F値2.4)を備えている。

広角カメラと望遠カメラは光学式手ブレ補正機能を搭載。トラッキングAF機能を備えるほか、2倍の光学ズーム/最大10倍デジタルズームが可能。HDR10+録画も行える。

バッテリーはデュアル構成で、総合容量は4,380mAh。約3,040分の連続通話および約470時間の連続待受が可能だ。Qi充電にも対応している。

Android OSは9(Pie)を搭載。メモリは512GB (ROM)/12GB (RAM)、CPUはSnapdragon 855 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4のオクタコア構成とし、スムーズなマルチタスクが可能とのこと。ユーザーの習慣を学習し、頻繁に使用されるアプリをプリロードしてすぐ起動できるようにしたり、「就寝前」「運転中」などのルーチンを作成したりできる。

おサイフケータイや防水機能は非対応。付属品として完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」などが用意される。

関連記事