iPhoneとは別名称に

アップルが「iPadOS」提供開始。iPadが大幅機能強化

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:風間雄介
2019年09月25日
アップルは、iPad向けのOS「iPadOS 13.1」を提供開始した。対応機種はiPad Pro全機種/iPad Air 2以降のiPad Air/第5世代以降のiPad/iPad mini 4 以降のiPad mini。

これまでiPad向けのOSは、iPhone用と同じくiOSという名称が付けられていたが、今回からiPadの専用OSとして提供されるようになった。一方で、iOS 13から搭載されたダークモードなどは、iPadOSにも搭載されている。

数々の新機能を追加した

iOSと異なるホームスクリーンを採用し、ウィジェットやアプリの切り替え画面も独自のものを採用している。

たとえばアプリを左右に並べて表示する「Split View」では、同一アプリを複数画面に登録可能になった。このため、たとえばブラウザでウェブを見ながら別の作業をするなど、マルチタスク処理が行いやすくなった。

そのほか「Slide Over」では、複数のアプリを、文字通りスライドさせて素早く切り替えられる。ちょっと気になることを素早くチェックする、といった使い方に便利だ。

またファイル管理機能も向上。USBメモリやSDカードリーダーなど外付けデバイス内のファイルを直接認識、操作が行えるようになった。ファイルのzip圧縮/解凍にも対応する。

ブラウザのSafariでは「デスクトップPC並のブラウジング」を謳い、GoogleドキュメントをはじめとするWebアプリへの対応、豊富なキーボードショートカットの用意、ダウンロードマネージャーの搭載などを行った。

Apple Pencilは遅延が9ミリ秒まで改善されるとともに、より多くのジェスチャーやショートカットが用意される。一例として、画面のスクリーンショットを撮り、そこに書き込むといった動作がApple Pencil 1本で可能になる。

さらにテキストの選択やコピーも、マルチタッチや複数タップでかんたんに行えるようになるなど、細かな使い勝手をさらに高めている。

関連リンク

関連記事