第9世代Core i9 搭載

アップル、16インチMacBook Proを発表。新キーボード採用、画音質も向上

編集部:風間雄介
2019年11月13日
アップルは、16インチディスプレイを搭載したMacBook Pro新モデルを発表した。仕上げはシルバーとスペースグレイの2色。

MacBook Pro 16インチモデル

プロセッサーなどの各種仕様はカスタマイズが可能だが、標準構成では、2.6GHz 6コアプロセッサー、512GBストレージ、AMD Radeon Pro 5300Mのモデルが248,800円(税抜)、2.3GHz 8コアプロセッサー、1TBストレージ、AMD Radeon Pro 5500Mのモデルが288,000円(税抜)となる。

ディスプレイは16インチのIPS液晶パネルで、解像度は3,072×1,920ピクセル。画素密度は226ppiとなる。輝度は500nitで、P3の高色域にも対応する。

端子類では4基のThunderbolt 3(USB-C)端子を搭載。またヘッドホン端子も備えている。

プロセッサーは第9世代のIntel Core i9プロセッサーを搭載。コア数とクロック周波数は上記が標準で、これをベースにカスタマイズが行える。

キーボードはフルサイズのバックライトMagic Keyboardで、改良されたシザー構造を備えているとのこと。キーストロークも1mmと深く、タッチ音も抑えられているという。なおTouch Barも備えているが、ESCキーは物理ボタンに変更された。

オーディオ関連では、6スピーカーサウンドシステムを備え、アップルは「ノートブックではこれまで聞いたことがないワイドなステレオサウンド」を再生できると主張。さらにデュアルフォースキャンセリングウーファーも備えている。また、3マイクアレイを備えていることも特徴的だ。

バッテリー持続時間も長く、ワイヤレスでのウェブブラウジングとビデオ再生を、最大11時間行える。外形寸法は357.9W×16.2H×245.9Dmm、質量は2.0kg。

関連記事