「ThinkPad P53s」も発売

レノボ、第9世代CPUで性能強化したモバイルワークステーション「ThinkPad P1(Gen2)」

編集部:平山洸太
2019年07月02日
レノボ・ジャパンは、プレミアムモバイルワークステーション「ThinkPad P1(Gen2)」、15.6型モバイルワークステーション「ThinkPad P53s」を7月2日より発売する。価格はP1(Gen2)が331,000円(税抜)より、P53sが254,000円(税抜)より。

「ThinkPad P1(Gen2)」

ThinkPad P1(Gen2)は、従来モデルからパフォーマンスを強化した第2世代目。最新の第9世代インテル Core i7プロセッサーに加え、グラフィックスにはNVIDIA「Quadro T2000」を搭載できる。

またUHD IPS液晶モデルでは、新たにカーボン柄の天板を採用するほか、オプションとして出荷時のモニターキャリブレーションを行うことも可能。主な仕様は以下の通り。

【ThinkPad P1 Gen2:主な仕様】
OS:Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
プロセッサー:インテル Core i7-9850H/i7-9750H
メモリ:最大64GB
ストレージ:M.2 PCIe NVMe SSD (最大4TB)
グラフィックス:NVIDIA Quadro T2000 / T1000
ディスプレイ:15.6型 UHD IPS液晶 / 15.6型 FHD IPS液晶
インターフェース:USB Type-C 3.1 Gen2(Thunderbolt 3共用)×2、USB 3.1 Gen1×2(Powered×1)、4-in-1メディアカードリーダー、HDMI、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
バッテリー駆動時間:最大約16.6時間
本体寸法:約361.8×245.7×18.4mm
本体質量:約1.7kg

ThinkPad P53sは、前世代モデルから12%の軽量化により、質量1.75kgを実現したモデル。

「ThinkPad P53s」

CPUには4コアの第8世代インテル Core i7プロセッサー、グラフィックスにはNVIDIA Quadro P520を搭載し、CADやデジタルコンテンツの制作が可能。ディスプレイには屋外でも見やすい500nitの高輝度4Kディスプレイ15.6型 UHD IPS液晶も選択できる(7/31出荷開始予定)。

メモリーは最大48GBまで搭載可能。キーボードはテンキーを備えるほか、有線LANポート(RJ-45)も搭載する。さらにBIOSを自ら修復する自己回復BIOS、物理的なカメラカバー「ThinkShutter」など、セキュリティにも配慮されている。LTEオプションにも対応する。主な仕様は以下の通り。

【ThinkPad P53s:主な仕様】
OS:Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
プロセッサー:インテル Core i7-8665U/i7-8565U
メモリ:最大48GB
ストレージ:M.2 PCIe NVMe SSD (最大2TB)
グラフィックス:NVIDIA Quadro P520
ディスプレイ:15.6型 UHD IPS液晶 / 15.6型 FHD IPS液晶
インターフェース:USB Type-C 3.1 Gen2(Thunderbolt 3共用)×1、USB Type-C 3.1 Gen1×1、USB 3.1 Gen1×2(Powered×1)、microSDカードスロット、RJ-45、HDMI、ドッキングコネクター(USB Type-C x2と兼用)、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
バッテリー駆動時間:最大約17.3時間
本体寸法:約365.8×248×19.95mm
本体質量:約1.75kg

関連記事