最大28コアXeonプロセッサ搭載可能

アップルが新「Mac Pro」今秋発売、5,999ドルから。8K動画×3本を同時再生可能

編集部:小野佳希
2019年06月04日
米アップルは、開発者向け会議「WWDC」を開催。最大28コアのXeonプロセッサの搭載などで8K動画のRAWデータを3本同時、4K動画のRAWデータを12本同時デコード可能な新「Mac Pro」を発表した。今秋の発売を予定し、価格は最小構成で5,999ドルから。

Mac Pro

6チャンネルのメモリアーキテクチャと12の物理的なDIMMスロットを搭載し、最大1.5TBのメモリを搭載可能。またPCI Expressスロットは、前モデルの2倍となる8基備えている。

GPUはRadeon Pro Vega II(32GB)を搭載。64 GBメモリのRadeon Pro Vega II Duoを選択することもできる。Thunderboltと500W超の電源を内蔵するApple MPXモジュールを2基搭載でき、Vega II Duoを2基搭載して、56テラフロップのグラフィック性能と128 GBのビデオメモリを実現可能だ。

そして、最大63億ピクセル/秒のデコードが可能なプログラマブルASICを搭載したAfterburnerを搭載。 Afterburnerを使用することで、最大3ストリームの8K ProRes RAWビデオを同時に再生できる。

モジュール化で拡張性を確保し、筐体は前面に多くの孔を設けることで冷却にも配慮。3基のファンで内部を冷却し、ハイスペックながら静音性も確保しているという。また、ラックマウントバージョンも用意する予定としている。

筐体に細かい孔を多数設けることで放熱対策

関連リンク

関連記事