インテルは5Gモデム事業終了を発表

アップル、クアルコムと全面和解。チップセット供給についてライセンス契約を締結

編集部:小澤貴信
2019年04月17日
米アップルは、米クアルコムと継続中の訴訟が和解に至ったと発表した。和解には、アップルからクアルコムへの特許料の支払いも含まれる。

また、両社がチップセット供給などについて6年にわたるライセンス契約を締結したことも合わせて発表された。

両社は、アップルが2017年に特許使用料を過大に請求しているとしてクアルコムを提訴して以来、各国で係争を続けていた。今回、両社は和解に至り、世界各国で行われていた2社間のすべての訴訟を棄却することに合意した。

今回の和解の背景には、5G関連の技術を多数有するクアルコムのチップをアップルが同社製品から排除してきた結果、アップルが5G関連で出遅れたことがある。

今回の両社の発表とタイミングを同じくして、米インテルは、5Gスマートフォンモデム事業を終了する意向であることを発表した。アップルが、クアルコムから5Gスマートフォンモデムの供給を受ける目処が立ったことを受けての判断とみられている。

関連記事