AirPlay 2ストリーミングも開始

アップルが「Apple TVアプリ」提供開始。iOSとtvOS 12.3アップデート

編集部:風間雄介
2019年05月14日
アップルは、iOS 12.3とtvOS 12.3 ソフトウェアアップデートを行い、「Apple TV」アプリを提供開始した。世界100カ国以上での、同時サービス提供開始となる。

Apple TVアプリは、iPhone、iPad、Apple TV、一部のサムスン製スマートテレビで使用できる。これまでと同様、iTunes Storeで提供するコンテンツを楽しめるほか、アプリからApple TVチャンネルをサブスクリプション登録し、有料サービスも視聴できる。


Apple TVチャンネルは米国の場合、HBO、Starz、SHOWTIME、Smithsonian Channel、EPIX、Tastemade、MTV Hitsなどが提供される。今後、さらに多くの専門チャンネルが世界中で追加されていく予定。なお、アップル独自のストリーミングサービス「Apple TV+」も、この秋に提供開始する予定だ。

さらにiTunesのコンテンツの見せ方も変化。購入・レンタルしたコンテンツが、自分用にカスタマイズされたおすすめコンテンツとして表示される。好みのコンテンツを表示するレコメンド精度も高めた。

また本日から、iPhoneやMacなどから、AirPlay 2対応サムスン製スマートテレビに直接コンテンツを送信し、再生できるようになった。AirPlay 2対応スマートテレビでの再生やミラーリングには、iOS 12.3 または macOS 10.14.5 へのアップデートが必要。ソニーやLG、VIZIO製テレビでのAirPlay 2とHomeKit サポートもすでに発表されているが、これらのメーカー製テレビでの対応は、今年後半を予定している。

関連リンク

関連記事