Safariのプライバシー保護も強化

アップル、「macOS Mojave 10.14.4」提供開始。Mac最新モデルのUSBオーディオ信頼性向上

編集部:風間雄介
2019年03月26日
アップルは、macOS Mojave 10.14.4アップデートを公開した。

Safariでは、カスタムカラー設定に対応しているウェブサイトでダークモードに対応。またパスワード自動入力に資格情報を登録した場合、ウェブサイトへのログインを簡素化した。

またSafariではプライバシー保護の観点から、有効性を失った「Do not track」標準機能を削除し、フィンガープリンティングの一要素として利用される可能性を排除。今後はインテリジェントトラッキング防止機能によって、サイト越えのトラッキングがデフォルトで防止されるという。

iTunesでは、Apple Musicの「見つける」タブの1ページに、エディターからのより多くのオススメ情報を表示。新しいミュージックやプレイリストなどの発見を促す。

さらにAirPodsでは、第2世代のAirPodsに対応している。

そのほかmacOS 10.14.4では、2018年に発売したMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniでUSBオーディオデバイスを使用したときの信頼性も高めている。

さらにマップやメッセージ、アクティビティモニタ、MacBook Air(2018年秋モデル)のデフォルト画面の明るさを修正。ほかにも様々なバグ修正を行っている。

関連リンク

関連記事