90,800円、Officeつき

一般向け「Surface Go」LTEモデルが本日発売、90,800円。Surface Headphonesも

編集部:風間雄介
2019年01月29日
日本マイクロソフト(株)は、一般消費者向け「Surface Go」LTE Advanced対応 SIMフリーモデルを、本日1月29日に発売した。

「Surface Go」LTE Advanced対応 SIMフリーモデル

第7世代Intel Pentium Gold 4415Yや8GBメモリ、128GB SSDを搭載したモデルで、型番は「KAZ-00032」。参考価格は90,800円(税抜)となる。Office Home & Business 2019がプリインストールされている。

LTEモデルなので、Wi-Fi環境などがない場所でも通信が可能になる。また同社はLTEモデルについて、「セキュリティの面においても優れている」とアピール。LTE 回線の利用により、暗号化されていないフリーWi-Fiへの接続や、誤って悪意のあるWi-Fiスポットに接続してしまうなどの危険性を最小化できるうえ、紛失した際にGPSで追跡できる点もメリットとして挙げている。

さらに同社は、先日発表を行ったヘッドホン「Surface Headphones」や「Surface Studio 2」についても、本日発売開始したことを発表している。

「Surface Headphones」

関連記事