ノイズキャンセル効果も調整可能

米Microsoftからヘッドホン「Surface Headphones」。NC機能搭載、Cortana対応

編集部:風間雄介
2018年10月03日
米Microsoftは、ヘッドホン「Surface Headphones」を発表した。米国ではすでに予約受付を開始している。Windows 10、iOS、Android、macOSで使用できる。

Surfaceシリーズのアクセサリーという位置づけで、カラーはライトグレー。

「Surface Headphones」

装着イメージ

ノイズキャンセリング機能を備え、アクティブは30dBまで、パッシブは40dBまでのノイズキャンセルが可能だ。

アクティブノイズキャンセリングの効果は、左側のハウジングをぐるぐる回すことで調整できる。またハウジングをタップすることで、曲送りを行ったり、音声アシスタント「Cortana」を呼び出したりすることも可能。

ドライバーには40mmのフリーエッジドライバーを搭載している。バッテリーは最大15時間の使用が可能。急速充電にも対応しており、5分の充電で約1時間の使用が行える。

周波数帯域は20Hz〜20kHz。入力はUSB-Cと3.5mmステレオミニの2系統で、1.5mのUSBケーブルと1.2mのアナログオーディオケーブルが付属する。


関連記事