Surfaceでは業界初

Surfaceの残価設定ローン販売をビックカメラが開始。月々2,700円から

編集部:風間雄介
2018年10月16日
(株)ビックカメラは、マイクロソフト「Surface」を残価設定型ローンで購入できる「Microsoft Surface アップグレードプログラム」を本日から提供開始した。申し込めるのはビックカメラおよびコジマ、ソフマップのサービスサポートカウンター設置店舗。

マイクロソフト「Surface」

今回のプログラムは、自動車における残価設定型ローンと同様の仕組み。マイクロソフトのSurface 本体を対象に、 商品購入時の価格から2年後のローン終了時の推定買取額を、あらかじめ差し引いた金額を分割払いする。なお、据え置き金額は本体価格の約30%に設定されており、分割払いは無金利となる。

ローン対象金額が最初から低く設定されるため、通常のショッピングローンに対して月々の支払金額が抑えられ、月々2,700円からの支払いで購入できる。ビックカメラは、同様の残価設定ローンをiPadでも行っていたが、今回、その対象をSurfaceにも広げた格好だ。

またこのプログラムには、マイクロソフトが提供する正規の2年間補償サービスと、初期設定サービスをセットにした「MicrosoftComplete+」も含まれており、Surfaceを初めて導入する場合でも安心して使えるとアピールしている。

さらに購入から2年後に、ビックカメラグループの買取カウンターへ下取りに出すと、10%増額で買い取られる。

関連記事