自動更新がある料金プランについて

ソフトバンクとワイモバイル、「2年縛り」の解除料不要期間を3ヶ月に拡大

編集部:押野 由宇
2019年01月17日
ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、ソフトバンクとワイモバイルで2年契約の更新期間を2ヶ月間から3ヶ月間に拡大することを発表した。

契約更新期間拡大のイメージ

現在提供中の2年契約などの自動更新がある料金プランについて、2019年3月1日から契約期間満了月も更新期間へと変更。これにより2年契約の場合、契約解除料がかからない更新期間が、これまでの2ヶ月間から1ヶ月伸び、3ヶ月間となる。

また、自動更新がない2年契約などの料金プランについても、契約期間満了月の契約解除料が不要となる。

対象となる主な料金プランは、ソフトバンクが通話基本プラン、通話定額基本料、通話定額ライト基本料、ホワイトプランなど、ワイモバイルがスマホプランS/M/L、ケータイプランSSなど。そのほか、対象プランはこちらから確認できる。

なお、NTTドコモが先日、期間拡大についての発表を行っている(関連ニュース)。

関連記事