「RIZIN VRゴーグル」を大会オンラインストアで販売開始

大晦日の格闘技「RIZIN.14」、VRで1月11日から有料配信。「RIZIN.13」の無料VR配信も

編集部:小野佳希
2018年12月21日
フジテレビとソフトバンクは、大晦日12月31日に開催される格闘技大会「RIZIN.14」の試合を、2019年1月11日からVR映像で配信する。

VRゴーグルと観戦用QRチケットをセットにした「RIZIN VRゴーグル」を、RIZINのオフィシャルオンラインストアにて本日2018年12月21日から発売開始した。価格は4,500円(税込)。大会の会場であるさいたまスーパーアリーナで12月30〜31日に開催される「格闘技EXPO 2018」の物販コーナーでも販売を行なう。

「フロイド・メイウェザー vs. 那須川天心戦」を含む全14試合をVRで配信。特典映像として、同日に開催される「RIZIN 平成最後のやれんのか!」の「川村虹花 vs. あい戦」も配信を予定している。

VR映像の視聴には、ピクセラによる専用スマホアプリ「パノミル」を使用。観戦用QRチケットからQRコードを読み取り、専用画面でチケット登録を行った上で、VRゴーグルにスマホをセットすることで視聴できる。なお、VR配信はソフトバンクが行なうが、ソフトバンクユーザー以外でも視聴可能。

なお、2018年9月30日に開催された「RIZIN.13」のVR映像を、本日から「パノミル」で無料公開している。

関連記事