BRAVIAの高画質技術で有機ELの特性を引き出す

ソニーの有機ELスマホ「Xperia XZ3」、KDDIから11月上旬発売

編集部:押野 由宇
2018年10月11日
ソニーモバイルコミュニケーションズは、3D曲面の有機ELディスプレイ採用スマートフォン「Xperia XZ3」を、KDDI、沖縄セルラー電話より、商品名「Xperia XZ3 SOV39」として11月上旬に発売する。

「Xperia XZ3 SOV39」

Xperiaシリーズで初めて、アスペクト比18:9の約6.0インチ有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン。IFA 2018で発表されたモデルの日本発売が正式にアナウンスされた格好だ(関連記事)。

HDR対応のQuad HD+(2,880×1,440ピクセル)高精細ディスプレイと、 “BRAVIA” で培われた高画質技術により、有機ELの特性を最大限に活かしながら、漆黒と光、色彩の違いを緻密に表現し、引き込まれるような映像美を描き出すとしている。

また「X-Reality for mobile」によるHDRアップコンバート機能により、NetflixやYouTubeなどのインターネット上のSDR規格の動画コンテンツも、より豊かなコントラストと鮮やかな色調で楽しめるという。

サウンド面においても、従来比約20%の音圧向上を実現した大音量になったフロントステレオスピーカーや、対応アプリが増えた「ダイナミックバイブレーションシステム」により、臨場感のある迫力のエンターテインメント体験を提供するとアピールしている。

ディスプレイ面と背面ともに3D曲面ガラスを搭載。さらに両側面のベゼルを極限まで狭めたことにより、横幅は従来機種とほぼ同等のままに、大画面ながら手にフィットするデザインを実現した。

縦長の大画面を片手で快適に操作できるユーザーインターフェイス「サイドセンス」を新たに搭載しており、画面の左右端をダブルタップすると、タップした位置にアプリや設定などのランチャーを表示。時間や場所、使用頻度などを解析してユーザーが次に使いたいアプリをAIが予測し、的確なアプリアイコンやクイック設定項目を配置する。

また、スマートフォンを横向きに構える動作をAIが認識し、簡単にカメラアプリを立ち上げることができる「スマートカメラ起動」を搭載する。メインカメラには有効画素数約1,920万画素のMotion Eyeカメラシステムを搭載し、4K HDR撮影やフルHD解像度のスーパースローモーション撮影などが行える。フロントカメラは有効画素数約1,320万画素のイメージセンサーExmor RS for mobileとF1.9の明るい新規レンズを採用しており、新搭載の「ポートレートセルフィーモード」による美肌補正や背景ぼけ撮影など、自分撮りをより楽しめるようになっている。

最新のOS Android 9 Pieに対応し、Qualcomm社製のプラットフォームQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platformや、IPX5/8の防水、IP6Xの防塵性能を搭載。ワイヤレス給電規格Qiに対応するほか、充電時の負荷を軽減してバッテリーを長持ちさせるいたわり充電や電池消費を抑えて電池持ちをよくするSTAMINAモードなども備える。

なお、本製品はソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、10月12日(金)より展示される。

関連記事