超高感度デュアルカメラ搭載

ソニー「Xperia XZ2 Premium」発表。高感度デュアルカメラ搭載、4K/HDR撮影・表示が1台で可能

編集部:押野 由宇
2018年04月16日
ソニーモバイルは、超高感度デュアルカメラを搭載し、4K HDRの動画撮影機能と4K HDR対応ディスプレイを搭載した世界初のスマートフォン「Xperia XZ2 Premium」を発表した。2018年夏に、グローバルでの発売を予定する。

「Xperia XZ2 Premium」(クロームブラック)

「αシリーズ」および「Cyber-shot」のノウハウを活用した「Motion Eyeデュアルカメラ」を搭載した初のスマートフォン。1920万画素 1/2.3型のカラーCMOSセンサーと1220万画素 1/2.3型のモノクロCMOSセンサーで構成され、カラーセンサーが色情報を、モノクロセンサーが輝度情報を取得する。その情報をリアルタイムで処理する「AUBEフュージョン画像信号プロセッサー」により、高品質・低ノイズの画像が作成できるとしている。

Motion Eyeデュアルカメラを搭載

ISO感度は動画で12800、写真で51200を実現し、超低光量での撮影を可能にした。またHDまたはフルHDで960fpsのスローモーション撮影、120fpsの標準スローモーション撮影に対応する。ボケ撮影やモノクロ撮影にもアップデートで対応予定。インカメラは13メガピクセルとなる。

XZ2 Premiumでは、4K HDR動画の撮影に対応するほか、従来の4K HDRディスプレイより11%大きく、30%明るい5.8インチ4K HDRディスプレイを採用。4K HDRの撮影と表示が同時に行えるスマートフォンは世界初となる。

「Xperia XZ2 Premium」(クロームシルバー)

またBRAVIAのノウハウによるX-Reality技術により、コンテンツをHDRにアップコンバートし、映画品質のコントラスト、色、明瞭度を実現するという。

オーディオデータを分析して振動でサウンドを伝えるダイナミック振動システムを搭載。これまでで最大のフロントスピーカーによるS-Forceフロントサラウンドを特徴とする。さらにLPCM/FLAC/ALAC/DSDのハイレゾ再生やDSEE HX、LDACコーデックなどを踏襲した。

CPUにはQualcommのSnapdragon 845 Mobile Platformを採用し、処理速度は従来より30%高速とする。メモリー/ストレージは6GB RAM/64GB UFS internal memoryで、最大400GBまでのmicroSDXC をサポートする。

滑らかで反射性のある背面は流体の3Dガラス面を用いており、カバーガラスにはCorning Gorilla Glass 5を採用。IP65/68の防水・防塵性能を誇る。カラーはクロームブラックとクロームシルバーの2色を用意。端子はUSB Type-Cで、3.5mmジャックへの変換アダプタが付属する。

関連記事