コンパクト機の「XZ2 Compact」も

ソニー、新フラグシップスマホ「Xperia XZ2」。3.5mmイヤホンジャック非搭載、HDR動画撮影対応

山本敦
2018年02月26日
ソニーモバイルは、2月26日にスペイン・バルセロナで開幕したIT・モバイルの展示会「MWC2018」に出展。Xperiaシリーズの新しいフラグシップモデルとして、スマホとして初めてHLG(Hybrid Log Gamma)方式による4K/HDR動画撮影に対応した「Xperia XZ2」を発表した。

「Xperia XZ2」

「Xperia XZ2」

同じくコンパクト機の「Xperia XZ2 Compact」も発表。ともにクアルコムのモバイル向けチップセットの最新フラグシップSoC「Snapdragon 845」シリーズを搭載している。

「Xperia XZ2 Compact」

「Xperia XZ2 Compact」

ソニーは現地時間の26日午前にMWCの会場で記者会見を開催し、今年の春以降に世界の各市場で導入する予定のグローバルモデルとして新しいXperiaを発表した。日本での発売時期や価格については明言されなかったが、このところ毎年MWCで発表された新製品が日本国内で大手キャリアが春夏モデルとして発売するサイクルが続いているので、順当に行けば両方のモデルが日本でも発売されることになるだろう。本稿ではXZ2、XZ2 Compactの機能、スペックについて見ていこう。

今回発表されたXperiaは、いずれもZシリーズからの“センター格”である約5.2インチと、約4.6インチのコンパクト機の最新機種に位置付けられるが、それぞれディスプレイサイズが大きくなった点に要注目だ。XZ2は約5.7インチ、XZ2 Compactは約5.0インチにサイズアップを図っている。

実機をチェックする前段階なので、判断が難しいところだが、おそらく昨今の“プレミアム大画面スマホ”のトレンドに沿って、ベゼルを可能な限り狭くしたり、アスペクト比を縦長にし、片手持ちによる操作がサクサクとできる大画面スマホとしているのだろう。両モデルともに画面のアスペクト比を18対9として、XZ2は本体の横幅が現行機である約4.6インチの「XZ1 Compact」と同じ65mmをキープしている。

ただどちらのモデルも、公式発表のイメージを見る限り、サムスンのGalaxy Note 8のような“ベゼルレス”ではないし、ディスプレイの上側にはカメラユニット、下側にもブランドロゴを配置。さらにステレオスピーカーが搭載されている。手に持ったときの操作感はブースで展示機を確認し、別途報告したいと思う。

「Xperia XZ2」の側面部

ディスプレイは両機種ともに現行機と比べて解像度がアップしてFull HD+(1,080×2,160画素)になった。ともにHDR表示に対応している。さらに高画質エンジン「X-Reality for mobile」の機能を進化させたことにより、SDRからHDRへのアップコンバート表示がどちらのモデルも可能になった。

「Xperia XZ2」のカラーバリエーション。リキッドブラック/リキッドシルバー/ディープグリーン/アッシュピンクの4色

XZ2 Compactはブラック/ホワイトシルバー/モスグリーン/コーラルピンクの4色が揃っている

XZ2はメインカメラに有効画素数約1,920万画素のメモリ積層型イメージセンサー「Motion Eyeカメラシステム」を採用する。特筆すべきポイントは冒頭に伝えたとおり、スマホとして初めてHLG方式による4K/HDR動画撮影に対応したことだ。スマホでHDR動画を撮影して、4Kブラビアで鮮やかなプライベート映像が楽しめる。

さらにXperiaとしては昨年に発売されたXZ Premiumから搭載する「スーパースローモーション(ハイフレームレート撮影)」機能は、約0.2秒の瞬間を約6秒のスローモーション映像として記録するというもの。従来の画質は最高720pだったが、XZ2では1080p対応に進化した。

「Xperia XZ2」の背面部。カメラ位置が変わった。その下には指紋認証センサーも見える

「Xperia XZ2」を手に持ったところ

XZ1/XZ1 Compactから搭載されている「3Dクリエーター」は、シングルレンズのカメラと高性能なイメージセンサーとSoCチップによって、被写体を3Dスキャンして3Dアバターや3Dプリント用のデータが作れるユニークな機能だ。今回発表されたXZ2/XZ2 Compactではフロントカメラで人物の顔を“自撮り”しながらでも3Dスキャニングができるようになった。

こちらは「Xperia XZ2 Compact」の背面。ラウンドフォルムであることがわかりやすい

「Xperia XZ2 Compact」を手に持ったところ

オーディオ関連ではXZ2/XZ2ともに、Xperia史上最大音量をうたう高音圧なフロントステレオスピーカーを搭載した。ハイレゾ再生にも対応し、LPCM/FLAC/ALAC/DSDの再生に対応する。またDSEE HX、Clear Audio+、S-Force フロントサラウンドなどの機能も搭載している。

「Xperia XZ2」本体上部

「Xperia XZ2 Compact」本体上部

BluetoothではLDACとaptX HDに対応。また自動ヘッドホン最適化機能、バーチャルフォンテクノロジーなども搭載する。ワイヤード接続では、USB Type-Cからのデジタルオーディオ出力が可能。なお、今回のモデルから3.5mmのアナログイヤホンジャックは非搭載となっている。USB Type-C to 3.5mmアダプターが付属する。

「Xperia XZ2」本体底面にはUSB Type-C端子。イヤホンジャックは非搭載

「Xperia XZ2 Compact」本体底面部

さらにXZ2には視聴する映像やゲームなどコンテンツに含まれている音成分をリアルタイムに解析し、内蔵するアクチュエーターを使って本体を“振動”させることでコンテンツ再生の迫力を高める「ダイナミックバイブレーション機能」が搭載されている。

ソニーモバイルはMWCの開催に合わせて、USB接続とBluetooth接続のハイブリッド方式という、今までにないスタイルのイヤホン「SBH90C」も発表している。本機の詳細については別項で紹介するが、USB Type-C端子を搭載するXperiaとの組み合わせに最適と紹介されている。

このほかにも、いくつか注目したい機能がある。まずXZ2については、Qi規格によるワイヤレス充電に対応したことが伝えられている。

両モデルともに、本体はIP65/IP68に相当する防水防塵仕様。指紋認証センサーが側面の電源ボタン兼用の仕様から背面側に移動している。

デザインはXZ1まで採用されてきたループサーフェスを変更。リアパネルはエッジに向かって緩やかな丸みを付けた3D曲面ガラスとし、側面の素材はメタルフレーム。カメラの位置は上部コーナーから、中心より少し上側のセンターに移動している。

今回グローバルモデルとして発表された製品のカラバリは、XZ2がリキッドブラック/リキッドシルバー/ディープグリーン/アッシュピンクの4色。XZ2 Compactはブラック/ホワイトシルバー/モスグリーン/コーラルピンクの4色が揃っている。

なおMWCのイベント期間中には、新しいXperiaの開発者を訪ねて詳細をインタビューする予定だ。

関連記事