カスタム・セレクトモデル

レノボ、Adobe RGB100%の4K液晶搭載ノートパソコン「ThinkPad X1 Extreme」。VR Readyの認定も

編集部:平山洸太
2018年09月11日
レノボ・ジャパン(株)は、大画面プレミアムモバイルノートブック「ThinkPad X1 Extreme」を量販店では9月11日から、直販サイトでは9月14日から発売する。価格は278,000円(税抜)からで、カスタム・セレクトモデルとなる。

「ThinkPad X1 Extreme」

CPUには第8世代インテルCore i7/i5 Hシリーズ・プロセッサーを採用し、グラフィックにはNVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載した。またメモリーは最大64GBで、ストレージは最大2TB(1TB PCIe NVMe SSD×2)。VRにも対応し、VR Ready(Oculus Rift Ready)やWindows MR Readyのハードウェアガイドラインもクリアしている。

画面には15.6型でAdobe RGB100%、4K UHDのIPS液晶を搭載。写真・映像の編集、イラスト・3D CGの制作などにも適しているとする。オプションで、ペン入力対応のタッチパネルを選ぶことも可能。

薄型軽量・狭額縁デザインを採用。薄さ約18mm、質量約1.7kgの本体には、Thunderbolt 3ポート(USB 3.1 Gen2 Type-Cと共用)を2つ装備するほか、USB 3.0 Type-A×2、HDMI、イーサネット拡張コネクター、4 in 1メディアカードリーダー、3.5mmジャック(マイク・ヘッドホン共用)、スマートカードリーダー(オプション)を搭載する。

バッテリーの駆動時間は最大約16時間。付属の135W ACアダプターは持ち運びにも便利な小型サイズ(118W×77H×21Dmm)で、約60分で80%まで充電可能なラピッドチャージ機能にも対応する。

近日発売予定のオプションとして、「ThinkPad Thunderbolt 3 Workstationドック」を用意。ケーブル1本を接続するだけで、最大3台までの4Kモニターへの出力が可能。接続しながら本体への充電も行える。

外形寸法は約361.8W×245.7H×18.4Dmmで、質量は約1.7kg、タッチパネルを搭載した場合は、質量約1.8kgとなる。

関連リンク

関連記事