3層塗装や通常の倍の加工などで特別な赤を実現

「VAIO S11」に特別色のプレミアムモデル「RED EDITION」。12月までの期間限定販売

編集部:小野佳希
2018年08月30日
VAIO(株)は、ノートPC「VAIO S11」のプレミアムモデルとして、特別なカラーリングを施した「VAIO S11 | RED EDITION」を9月14日に発売する。ソニーストアとVAIOストアでの受注を本日8月30日から開始した。12月末までの期間限定販売で、予定台数に達した場合は早期に販売を終了する可能性もある。価格はスペック構成により異なるが196,800円(税抜)から。

VAIO S11 | RED EDITION

「RED × BLACK」をコンセプトに、特別色の“プレミアムレッド”とブラックの2トーンデザインを採用。UDカーボン素材の天板パネルにまずピンクメタリック塗装で輝きを作り、その上に透過する赤塗料を重ね塗りすることで深みのある赤を実現。さらに、光沢UVコーティングを行う3層コート塗装によって、高級感のあるツヤ感を出しながらも傷のつきにくい仕上げを実現したという。

特別な3層塗装で深みのある赤を実現

パームレスト部は、アルマイト染色のフラットアルミパームレストを採用。深みを出すために長時間の科学研磨によって光沢を高め、濃く色付けすることで、天板の赤色に負けない深みと光輝性を兼ね備えた赤を実現したとしている。染色工程には通常モデルの倍の時間をかけているという。そのほか、タッチパッドや指紋センサーも赤い特別仕様を採用している。

パームレスト部

天板のVAIOロゴは光沢ブラック。ヒンジ部の背面オーナメントはヘアライン加工を残しつつ、黒く引き締めたカラーリングにすることで、VAIOロゴの光沢ブラックとの質感の違いを楽しめるようにしたという。

パッケージも特別製で、本体同様に赤と黒のツートーンを採用。箱の天面には黒の箔押しによるVAIOロゴを配置している。

プレミアムモデルという位置づけのため、同じくプレミアムモデルであるALL BLACK EDITION同様にスペック構成の最低ラインを高めに設定。プロセッサーはCore i7 8550Uのみ、メモリーは8GBから、ストレージも第3世代ハイスピードSSD(PCIe)以上の選択となっている。なお、英字キーボードも選択できる。

関連記事