カメラ機能も進化

サムスン、「Galaxy Note9」を米国で発売。音楽操作もできる新「S Pen」搭載

編集部:風間雄介
2018年08月10日
サムスン電子は、「Galaxy Note9」を米ニューヨークで開催されたイベントで発表した。米国では8月24日に発売する。内蔵フラッシュメモリーが128GBのものと512GBのものが用意され、128GBは999.99ドル。512GBは1,249.99ドル。

サムスン「Galaxy Note9」

Bluetooth Low-Energy (BLE)をサポートした、新しい「S Pen」を採用。単に文字や絵を描くだけでなく、クリックするとセルフィーを撮影したり、プレゼン中にスライドを操作したり、音楽の再生操作を行ったりすることができる。

またカメラ機能では、ワイド用とテレ用の2つのレンズを備えており、ともに12メガピクセルのセンサーを備える。光学2倍ズームに対応している。

同社史上最もインテリジェントなカメラを搭載しているとアピール。具体的にはシーンへの最適化を強化したほか、画像がぼやけていたり、レンズが汚れていたりするときに警告を発する機能などを備えた。

アウトカメラは2レンズ。S Penでシャッター操作も行える

ディスプレイは6.4インチの有機EL「Super AMOLED 」で、解像度は2960x1440ピクセルとなる。音については、AKGがチューニングしたステレオスピーカーを搭載。ドルビーアトモスにも対応している。

プロセッサーは10nmプロセス、64bit オクタコアのもの。ネットワークスピードも1.2ギガビットに対応している。 microSD カードスロットも搭載している。またバッテリーは4,000mAhで、1日中バッテリーが持続するという。

サムスン独自のDeXソリューションも備えており、HDMI端子でディスプレイと接続し、PCのように使うことができる。

関連記事