IEEE P1901.3のドラフトとして

パナソニック提案の “IoT PLC”がIEEEベースライン仕様に承認。通信速度を自在に変更可能

編集部:風間雄介
2018年06月29日
パナソニック(株)は、電力線を使ってデータ通信を行うPLC技術の最新版である、第4世代「HD-PLC」を開発した。

同社は、この第4世代HD-PLCをIEEE標準化委員会に提案。この技術をベースラインとした仕様書が、IEEE P1901.3ワーキングドラフトとして承認された。

なおIEEE P1901.3は、「IoT(Internet of Things) PLC」として称される技術。家庭内だけでなく、ビル内や工場をはじめ社会インフラまでをカバーする大規模ネットワークにも対応する。

今回承認されたベースライン技術には、同社独自技術のWavelet OFDM方式が採用されており、新たに、このWavelet OFDMをベースにしながら、利用通信帯域を2段階(標準モードの2倍・4倍)で広げる新機能を搭載した。

2倍モード時では500Mbps、4倍モード時では最大1Gbps(いずれも理論値)の通信が可能になる。なお4倍モードを使うには、同軸線や専用線の利用が前提となる。

逆に通信帯域を標準モードから2段階で縮小(1/2倍・1/4倍)することも可能。通信速度は低下するが、その代わり通信距離が伸び、標準モードの最大約2倍までデータ転送ができるという。

今後同社は、既存の「HD-PLC」採用商品との接続性確保と、他方式との共存を図り、利便性を高めていく考えだ。

関連記事