専用駆動LSIも

ソニー、世界最小0.37型のフルHD SXRD。モバイルプロジェクターをさらに小型化&高画質化

編集部:小野佳希
2018年07月18日
ソニーは、ポータブルプロジェクター用ディスプレイデバイスとして、フルHD解像度で世界最小サイズの0.37型の反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD『SXRD241A』と、高画質信号処理機能を搭載した専用駆動LSI『CXD3554GG』を商品化。8月から量産出荷を開始する。サンプル価格は12,000円(税抜)。

SXRD241A / CXD3554GG

両商品を採用することで、小型でより高画質なポータブルプロジェクターの実現が可能。

SXRD(Silicon X-Tal(crystal) Reflective Display)『SXRD241A』は、ソニー独自の狭画素ピッチ技術により画素ピッチを縮小し、0.37型でフルHD解像度を実現。画素ピッチは、従来商品の6μmから4.25μmへと、約30%縮小した。

一般的にプロジェクター用のディスプレイデバイスは、画素ピッチが狭いほど、画素半導体素子への光漏れが起きやすく、光リーク電流が増加することで画質の悪化が生じやすくなる。

これに対して本商品では、従来商品から1画素の面積が約50%となったにも関わらず、遮光層の追加や画素構造の最適化により、遮光特性を大幅に向上させている。またRGBの光源を順番に高速で切り替え、そのタイミングに合わせて液晶を駆動させる、時間分割の駆動方式を採用。これにより1つのパネルでフルカラー表示を可能にした。

加えて、4Kハイエンドホームプロジェクター向けに培った、高反射率を実現する狭画素電極間構造や、液晶層への光乱反射を低減する画素間平坦化技術、および無機配向技術を用いたノーマリーブラックモードなど、SXRDの独自技術を本商品にも採用することにより、高解像度や高コントラスト性能、高輝度を実現したとしている。

専用駆動LSI『CXD3554GG』については、「独自の高画質信号処理機能によりSXRDの特性を最大限に引き出せる」と同社は説明。新たに、投影面が曲面でも歪みの無い映像に補正する幾何補正や、複数台のプロジェクターを使用した際、つなぎ目を感じさせない1つの映像の表示を可能にするエッジブレンディング機能を内蔵した。これらにより、ポータブルプロジェクターのユーザビリティーを高めることに貢献するとしている。

関連リンク

関連記事