高感度撮影にも対応

ソニー、業界最多4800万画素のスマホ向け積層型CMOSイメージセンサーを商品化

編集部:押野 由宇
2018年07月23日
ソニーは、業界最多となる有効4,800万画素のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」の商品化を発表した。サンプル出荷は9月を予定し、価格は3,000円(税抜)。

積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」

集光効率および光電変換効率を従来よりも高める設計・製造技術を駆使することで、世界で初めて0.8μmの微細な画素サイズを開発。この新開発の画素を採用し、1/2型(対角8.0mm)でありながら高性能なデジタル一眼カメラに匹敵する有効4,800万画素を実現、スマートフォン撮影画像の高画質化に貢献するとしている。

有効1200万画素の画像(左)と有効4800万画素の画像(右)での比較

また隣接4画素が同色のカラーフィルターであるQuad Bayer配列を採用することで、高感度撮影にも対応。低照度時には、隣接する4画素の信号を加算することで、画素サイズ1.6μm相当(1200万画素)に感度を高め、低ノイズで明るい画像の撮影が可能となるという。

さらにソニー独自の露光制御技術と信号処理機能をイメージセンサーに内蔵することにより、従来と比較して4倍となるダイナミックレンジの広い撮影およびリアルタイムでの出力を実現。画面内に明るいところと暗いところが共存するシーンでも、白飛びや黒潰れを抑えた画像を撮影することができるとしている。

フレームレートは動画で4K(4096×2160) 90fps、1080p 240fps、720p 480fps (w/ crop)。主な機能として像面位相差AF、HDRイメージングを搭載する。

関連記事