天体分野にも活用が期待

キヤノン、0.001lux以下の環境でもカラー動画が撮像できる超高感度CMOSセンサー

編集部:平山洸太
2018年08月01日
キヤノンは、35mmフルサイズ超高感度CMOSセンサー「35MMFHDXSCA」を本日8月1日より発売する。

35MMFHDXSCA

肉眼では被写体の識別が困難とする0.001lux以下の環境下においても、カラー動画の撮像が可能だという35mmフルサイズCMOSセンサー。画素の大きさは一辺が19μm。有効画素数は2,160×1280で、98fpsの読み出しが可能。フルHDでは115fpsとなる。

周辺回路の駆動方式を工夫することで、暗電流ノイズの低減を実現したとする。これにより、自然災害の監視や産業用だけでなく天体観測にも役立つとしており、10等星のようなわずかな明るさの星に対しても役立つとのこと。

同社はCMOSセンサーについて「AIやIoTの進捗に伴い、画像解析など需要が増加している」と説明。今製品のような高感度センサーは、工場などの産業分野をはじめ、微生物の微弱光観察、医療分野など多岐にわたる応用も可能で、監視分野においても、昼夜問わず高感度で撮影されたカラー画像は防犯性の向上につながるとしている。

関連記事