「TU-BUHD100」。3万円台前半

パナソニックが新4K衛星放送チューナーを10月中旬発売。4K放送録画対応DIGA発売も告知

編集部:風間雄介
2018年06月27日
パナソニック(株)は、今年12月1日にスタートする「新4K衛星放送」に対応した4Kチューナー「TU-BUHD100」を10月中旬に発売する。価格はオープンだが3万円台前半での販売が予想される。

パナソニック「TU-BUHD100」

本機の背面端子部

新4K衛星放送は、3,840×2,160の4K解像度で放映される。これはフルHDの4倍の画素数にあたる。またフレームレートも4K/60pの滑らかな映像が楽しめる。

色域についても、BT.2020規格を採用し、より鮮やかな色表現が可能になったほか、階調も10bitと、これまでの8bitよりも細かくなる。さらにHDRにも対応し、放送用に開発されたHLGが使われる。

このチューナーでは、これらの新4K衛星放送の高画質映像に対応しており、BS4K・110 度CS4K放送チューナーを1系統搭載する。またこれまでの地デジ・BS・110度CSデジタルチューナーも1系統備えている。なおHDMI出力は1系統、LAN端子は1系統。

また本機はビエラリンクに対応しており、VIERAと一緒に使うことで快適に操作できると説明している。例えばVIERAに連動して自動的に本製品の電源を入/切することや、チューナーの選局をVIERAのリモコンで行うことなどが可能だ。

外形寸法は230W×44H×137Dmm、質量は約450g。

さらにパナソニックは、「新4K衛星放送」が開始される12月1日までに、4K放送の録画に対応したレコーダー “DIGA” の発売を予定していることもアナウンスした。新4K衛星放送対応機器のラインナップが一気に増えそうだ。

関連記事