メッセージのiCloud保存も

「iOS 11.4」提供開始。マルチルーム「AirPlay 2」に対応、HomePodステレオ再生も

編集部:風間雄介
2018年05月30日
アップルは、iPhoneやiPad、iPod touchなど向けの「iOS 11.4」を無償提供開始した。

iOS 11.4では新機能「AirPlay 2」に対応。これにより、複数のAirPlay 2対応スピーカーや対応機器をまとめて操作できる。また複数のAirPlay 2で音楽を同時に再生することも可能だ。

AirPlay 2を操作するには、コントロールセンター、ロック画面、またはiPhone/iPad上のApp内のAirPlayコントロールから行う方法と、Siriを使ってAirPlay 2対応スピーカーを音声で操作する方法などがある。

新機能「AirPlay 2」がついに登場した

またAirPlay 2に対応したスピーカーでの再生を妨げることなく、iPhoneまたはiPadで電話に出たり、ゲームをすることもできるという。

なおAirPlay 2については、当サイトの海上忍氏の記事で解説している(1 / 2)。

さらにiOS 11.4では、HomePodを2台用意し、ステレオペアリングすることも可能になった。自動でHomePodがアップデートされる。

なお2台をペアリングすると、2台のHomePodは設置場所を自動検知し、サウンドを自動調整する。またビームフォーミング機能を利用することで、通常のステレオペアリングより臨場感の高い再生が行えるという。

そのほかメッセージ、写真、およびその他の添付ファイルをiCloudに保管し、デバイスの空き容量を増やすことが可能になった。さらにクラウドに保管することで、新規デバイスに同じiMessageアカウントでサインインすれば、これまでのメッセージを新規デバイスですべて見られる。また、一つのデバイスで削除すると、ほかのデバイスからも同時に削除される。

ほかにも、以下のようなバグ修正やアップデートが行われている。

・教師が“スクールワーク” Appを使用して生徒にiBooksで読書アクティビティを割り当てることが可能
・特定の文字列が“メッセージ”をクラッシュさせる問題を修正
・“メッセージ”で一部のメッセージの順序がばらばらに表示される問題に対処
・Google Drive、Googleドキュメント、およびGmailにSafariからログイン/アクセスができない問題に対応
・“ヘルスケア”でデータが同期できない問題を修正
・ヘルスケアデータにアクセス可能なAppを変更できない問題を修正
・ホーム画面でAppが正しくない位置に表示される問題を解決
・CarPlayオーディオの音が歪む問題を修正
・iPhoneからBluetooth経由で再生しているとき、または車でUSBに接続しているときに、音楽を選択できない問題を修正

またiOS 11.4に合わせてtvOS 11.4も提供開始。こちらもAirPlay 2に対応した。これにより、Apple TVをAirPlay 2対応デバイスとして使用したり、Apple TVからマルチルーム再生の指示を行ったりすることが可能となった。

tvOS 11.4でもAirPlay 2に対応

関連リンク

関連記事