動作安定性も向上

iOSアプリ「iMovie」アップデート。グラフィックスにMetal採用、 iPhone X対応も

編集部:風間雄介
2018年04月13日
アップルは、iOSアプリ「iMovie」をバージョン2.2.5にアップデートした。

iMovieはiPhoneやiPad向けの動画編集アプリ。テンプレートなども用意されており、マルチタッチ操作でかんたんに動画を編集したり、共有したりすることができる。

今回のバージョン2.2.5では、映像処理にアップルが開発したグラフィックAPI「Metal」を採用した。また、画面デザインもiPhone Xの「Super Retinaディスプレイ」に合わせてアップデートした。

そのほか、簡体字中国語のローカライゼーションが向上。全体的な安定性も高めている。

関連記事