GigaCrystaシリーズ

アイ・オー、同社初の240Hz対応24.5型ゲーミングディスプレイ。HDRにも対応予定

編集部:押野 由宇
2018年04月11日
アイ・オー・データ機器は、ゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta(ギガクリスタ)シリーズ」として、同社初となる最大240Hzのハイリフレッシュレートに対応した24.5型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-GC251UXB」を、4月下旬に発売する。価格はオープンだが49,800円前後での実売が予想される。

「LCD-GC251UXB」

GigaCrystaシリーズは、ゲームをより楽しむための機能を搭載させたゲーミングディスプレイブランド。本モデルでは、搭載されているHDMI×2、DisplayPortすべての入力端子で最大240Hzの高速リフレッシュレートに対応させた。なめらかで美しい映像を表示可能とし、FPSなどのスピード感あふれるゲームに最適としている。

超解像機能やオーバードライブ機能を有効にしていても、スルーモードオンで内部遅延時間が約0.05フレーム(約0.22ミリ秒/リフレッシュレート240Hz時)を実現。また画面の応答速度を向上させるオーバードライブ機能により、応答速度0.6ms(GTS/240Hz/オーバードライブレベル2設定時)を達成している。

ファームウェアのアップデートによりHDR信号入力に対応。アップデートは4月下旬ごろの公開予定となっている。さらに10bitカラー(10億7374万色)入力に対応し、液晶ディスプレイ内部で演算処理を行い、最適な1677万色を取り出してパネルに出力することで、8bit(1677万色)パネルでも色や階調表現を向上させる。

ほか、映像にメリハリと鮮やかさが加わる「エンハンストカラー」や暗いシーンもより鮮明に表示させる「Night Clear Vision」などゲームに最適な機能を搭載。また、高さなど好みの位置に変更できるゲーミングスタンドを採用する。

スタンドが付属し縦置きにも対応

最大輝度は400cd/m2、コントラストは1000:1。スピーカーを内蔵し、出力は2.0W+2.0W(ステレオ)。音声出力として3.5mmヘッドホン端子を装備する。外形寸法はスタンドありで568W×419〜529H×231Dmm、質量は6.4kg。

関連記事