2018年春からフル提供予定

ドコモ、「AIエージェントサービス」を10月下旬から開始 ー 音声認識を活用して様々なサービスを提供

編集部:成藤正宣
2017年10月18日
ドコモは、AIを活用したスマートフォン・タブレット向けの対話型サービス「AIエージェントサービス」を2018年春から提供。その一部を今年10月下旬より先行展開する。


「AIエージェントサービス」は、ドコモが従来より展開していた音声操作機能「しゃべってコンシェル」をベースに、NTTグループのAI技術「corevo」の先読みエンジンや多目的対話エンジン、IoTアクセス制御エンジンなどを利用した「AIエージェントAPI」を活用した新サービスとなる。20を超えるパートナー企業とも連携。例えば雨で通勤・通学に時間がかかりそうな際には、天気や運行情報などを参照した上でアラームを早めに鳴らしたり、旅行の予約とともに旅行先の天気や周辺情報の提供を行うなど、利用者それぞれの傾向に応じた専門性の高いサービスを提供するとしている。

来年春の本格提供に先駆け、10月からは「AIエージェントサービス」の一部を先行展開。同社の提供する音楽配信サービス「dヒッツ」とサイマルラジオ「radiko.jp」の一部機能が「しゃべってコンシェル」により操作可能になる。

「しゃべってコンシェル」利用イメージ

また食事レシピやグルメ情報が閲覧できる「dグルメ」、家屋のトラブルサポートやホームセキュリティを提供する「dリビング」の一部機能に対話機能が追加され、対話機能用の専用アプリ「おしゃべり」を11月下旬から提供。対話に使える専用マイク「ドコモ シンプルマイク01」を2018年1月以降から提供する。

対話機能の利用イメージ

専用マイク「ドコモ シンプルマイク01」

関連記事